NEWS:

KANDYTOWNのMASATO/Minnesotahによるオフィシャル・ミックスCDが8月30日にリリース

masatominesotah_jkt500
 昨年11月にはクルーとしてのメジャー1stアルバム「KANDYTOWN」をリリースし、ソロでもコンスタントに話題作をドロップし続けているKANDYTOWN。
 
 既に様々な関連作品で露わになっている通り、KANDYTOWNが放つソウルフル且つアーバンな世界観を作り上げる上で、彼らによるサウンド・プロダクションやDJたちがセレクトする音楽といった要素は必要不可欠なモノだ。故に、KANDYTOWNに所属するDJ/プロデューサーたちの存在は、ラッパー陣と同じぐらい重要な立ち位置と言えるが、そのKANDYTOWNのMASATOとMinnesotahによるオフィシャル・ミックスCD「KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics” mixed by MASATO & Minnesotah」が、KANDYTOWNのアルバムをリリースしたWARNER MUSIC JAPANから8月30日にリリースされるという。

 「Land of 1000 Classics」は、USの名門レーベル:ATLANTIC RECORDSの設立70周年を記念して制作されたもので、同レーベルからリリースされてきたソウルの名曲やHIP HOPで使われてきた定番サンプリングネタの数々を、MasatoとMinnesotahがアナログ・レコードでミックス。ATLANTIC RECORDSと言えば、ブラック・ミュージックの名盤/名アーティストを多数送り出してきたレーベルであるが、その膨大なカタログを、フレッシュな感性を持つKANDYTOWNのDJたちがどんな解釈でミックスしているのか、気になるところだ。
 
 
TRACK LIST:
01. Ray Charles / I Got a Woman
02. Wilson Pickett / In The Midnight Hour
03. Wilson Pickett / Something You Got
04. Arthur Conley / Shing-A-Ling
05. Solomon Burke / Cry To Me
06. Don Covay / Mercy, Mercy
07. Archie Bell & The Drells / A Thousand Wonders
08. Harvey Averne Dozen / Think It Over
09. Mongo Santamaria / Hold On, I’m Coming
10. Aretha Frankln / Rock Steady
11. Eddie Harris / It’s Crazy
12. Eugene Mcdaniels / Supermarket Blues
13. Andy Bey / Experience
14. Sam Dees / Come Back Strong
15. Spinners / I’ll Be Around
16. Ace Spectrum / If You Were There
17. Gene Page / Into My Thing
18. Anglo Saxon Brown / Gonna Make You Mine
19. Persuaders / Somebody’s Got To Me Lover
20. Margie Joseph / Come On Back To Me Lover
21. Richard Evans / Mercy Mercy Me
22. Aretha Franklin / Daydreaming
23. Prince Phillip Mitchell / Make It Good
24. Johnny Bristol / Do It To My Mind
 
 

To Page topTo Page top