NEWS:

Zeebra発案。日本初のHIP HOP専門ネット・ラジオ局:WREPが4月1日(土)開局!

wrep_main1

 日本では初となるHIP HOP専門インターネット・ラジオ局が開局され、4月1日(土)から放送を開始することが、本日渋谷にて開かれた記者会見で発表された。

 WREP(読み:レップ)と名付けられたこのラジオ局は、Zeebraが企画を発案し、渋谷のクラブ:SOUND MUSEUM VISIONやCONTACTなどを運営する株式会社グローバル・ハーツとのパートナーシップのもと運営される。
 
 
wrep_main2

LtoR:Zeebra/村田大造(グローバル・ハーツ)

 これまでもアーティスト活動だけでなく、TV/ラジオなどのメディア上でHIP HOPカルチャーの啓蒙に努めてきたZeebra。過去には自身による仮想ラジオ局:WZBRをUSTREAMにて配信するなど、ラジオ/ラジオ的にHIP HOPを聴けるメディアの重要性について意識的なスタンスであったZeebraにとって、今回の専門局開設は彼の念願が叶った形だ。

 WREPではZeebraを筆頭に、25人を超えるHIP HOPシーンを代表するアーティスト/DJがパーソナリティとして出演。邦楽6割/洋楽4割のバランスで楽曲が24時間ノンストップでオンエアされる。また、WREPはPC/スマホ(アプリもローンチされる予定)で聴くことが出来る。
 
 
 本日開かれた記者会見では、司会をUZIが担当し、Zeebraやグローバル・ハーツ社長:村田大造や、パーソナリティを務める下記のアーティスト/関係者が登壇。WZBRや番組への熱い想いを語った。

AK-69/DJ TY-KOH/JASMINE/LEON a.k.a. 獅子/Lick-G/TKda黒ぶち/KEN THE 390/DABO/KEITA/UNO/LUNA/Jinmenusagi/CREAM/CHOZEN LEE/DJ RYOW/S7ICKCHICKs/ISH-ONE/MC正社員/EGO/高木完/LETY

 また、会見中ではZeebraがWREPのPRラップを披露するなどの一幕も。
 
 
 下記は記者会見でのZeebraのコメント。

「(HIP HOPを聴き始めた当時)本場のHIP HOPに触れるための数少ない情報源がラジオだった。HIP HOPの面白いところは、DJによって2枚使いをしたり、かけ方が違ったりするのも刺激的だったし、HIP HOPならではなラジオ局同士のバトルがあったりとか。NYのラジオ局:HOT97が90年代にHIP HOP専門ラジオ局として立ち上がったけど、そこからのアメリカにおけるHIP HOPの目まぐるしい経済成長は物凄かったと思う。そこに我々も行けたらいいな、と」
 
 
wrep_booth2

WREP収録ブース

 記念すべき開局記念日となる4月1日(土)には、15時から6時間生放送で開局特番『WREP SPECIAL』が放送。番組の総合MCはZeebraが務める。

 また、5月6日(土)には渋谷SOUND MUSEUM VISIONにてWREPのローンチ・パーティが開催されるとのことだ。
 
WREPオフィシャル・サイト
http://www.wrep.jp/

 
 

To Page topTo Page top