INTERVIEW:

DJ FUMIRATCH


 
■リリックに関してですが、“Capacity Over feat.般若&¥ellow Bucks”での¥ellow Bucksのリリックには、ディスや当てこすりと感じる部分がありますね。そういったリリックに関して「そういうのは自分の曲でやってくれ。客演仕事ではやってくれるな」というプロデューサーもいますが、FUMIRATCH君はそのリリックも活かしています。
 
「あのヴァースを聴いて『ヤバいねww』っていうメールを返しました(笑)。基本的にはなんのNGもないアルバムなんで、その部分はある程度ラッパーに任せましたね」
 
 
■この曲での般若君の「弱者めちゃくちゃ強くさせるラップスター」というメッセージに代表されるように、リリックにおいてもタフなラッパーが顔を揃えているので、「歌詞の強さ」もこのアルバムの肝になっていると思います。トラック・メイカーのアルバムだと、トラックの機能性や内容との摺合せにもよりますが、リリックに関してはあまり重視されていない作品も時々散見されますが、このアルバムはそれとは逆のベクトルがありますね。
 
「『言葉が残るアーティストじゃないと、シーンに生き残れない』と思ってるのが大きいと思いますね。聴いた後に言葉が残らないと、誰でもいい音楽、誰でもいいHIP HOPになってしまうと思うんですよね。今はオートチューンで声も変化させられるし、それがメインストリームになってるなら、その人のオリジナリティが強く出るのはやっぱり言葉だと思う。だからこそ、客演をお願いしたのも、言葉とかリリックの面白さを重要視してる人が中心になったのは間違いないですね。あと、『この人と作るなら手を抜けないな』っていう相手を選んだ部分もありますね。それは自分としてもそうだし、ラッパー同士の組み合わせに関しても。ぶつかった時に親善試合にはならないようなアーティストと手を組んだり、組み合わせたイメージですね」
 
 
■組み合わせの妙の部分も強いですね。
 
「極端に言えば趣味ですよね。『このタッグで聴いてみたい』っていう好奇心が原点」
 
 
■だから、戦略性よりも、ファン目線での組み合わせを感じます。
 
「このトラック・リストって、ほぼ出オチじゃないですか(笑)。もう、トラック・リストの時点でHIP HOPが好きな人は食いつくと思うし、ここに食いつかない人は、おそらく僕のセンスとは合わない。だから、プレッシャーだったのは、このトラック・リストを見て、ワクワクしてくれた人の、その期待感をちゃんと越えなくちゃいけないって部分でしたね。それをちゃんと越えて、リスナーが喜んでくれたら、ホントに嬉しいです」
 
 
■人選に関しては別のインタビューでも語られていたので大きく省略しますが、DEVINとSONOMIは青森コネクションですね。
 
「変わり種を入れたいなと思ってたときに、うまい棒の曲(“Dream Sticks”)がYouTubeに上がって、なんだこりゃ、って(笑)。それで三沢の奴だって知ったのと、MVを作ったのが僕も知ってる先輩だったんで、その人づてに連絡を取ったんですよね。それで、今回のアルバムへのオファーをして、トラックを送ったら『このトラックからイメージしたのは、ふりかけですね』っていう返事がきて『こいつ……ヤベえな……』って(笑)。でも上がってきたラップはカッコ良かったし、誘って正解でした。SONOMIさんとは僕が高校生のときに出会ってるんで、このアルバムの客演の中だと一番付き合いは長いですね。東京に出てきたときも『ドカッポレ』には毎月遊びに行ってて。hI-sOさんや熊井吾郎さんとも青森のイヴェントで知り合って、東京でもいろいろ遊んでもらったりしてたんで、青森の人とはやっぱり縁がありますね」
 
 
■“アミーゴ feat.NORIKIYO & SNEEEZE”では、NORIKIYO君が途中で某歌手の某曲をモチーフにしてて、アルバムの初手から衝撃を受けたんですが……(笑)。
 
「タイトルは後で決まりましたね、完全に。レコーディングのときに、NORIKIYOさんがあのフレーズをいきなり入れて、『やばいっすね~』って言ってたんだけど、タイトルを決めるときにも『“アミーゴ”でどう?』ってメールが来たんで、こっちも意地で『それに乗ります!』って(笑)。ただ、曲としても兄弟愛とか友人愛みたいな内容だし、タイトルとの整合性は取れてるかなと(笑)」
 
 
■トラック・メイカーとしての名刺となるアルバムを完成させたことで、心境に変化はありましたか?
 
「トラック作りがとにかく楽しくなってきてて、トラック・メイクへの情熱は相当高まってますね。ライヴDJとしてのモチヴェーションはずっと高いんですけど、それに加えて、トラック・メイクもちゃんと気合を入れようってモードになってます。アルバムのマスタリングの最中にも、『なんか今回のアルバム、ゆったりしてたりメロウな曲が多いな……』って思っちゃって、その反動なのか、狂ったように、激しいTRAP曲をガンガン作っちゃって。まだ『EXTERMINATOR』も発売してないのに(笑)」
 

 
■ある種のカウンターというか。
 
「今回のアルバムに関しても、MVを作った“刻一刻 feat.BES&紅桜”の反応が良いんですけど、良いって言われれば言われるほど、そういう曲を次は作りたくなくなってくるんですよね(笑)。やっぱりリスナーを裏切りたい。だからTRAPだったり、今回のアルバムとは違うムードの作品は、もうリリースの計画を立てていて。ただ、そこのメンツはちょっと悩んでますね。言い方は難しいですけど、ノリがいいだけのラップなら要らないし、般若さんやNORIKIYOさんの16小節と同じだけのパワーがあるラップが出来て、しかもTRAPに乗れるラッパーを探すのは、正直難しい。だから、どういった構成が正解なのか、精査してる感じですね」
 
 
■その意味では、般若君の武道館ワンマンのバックDJや、ソロアルバムと、2019年はFUMIRATCHくんにとって目まぐるしい一年になりました。
 
「ライヴの記憶はいつも映像として鮮明に残ってる方なんですけど、武道館のときは、写真を4枚ぐらい記憶してる感じなんですよね。本番が始まる2~3分前に、般若さんと袖から会場を見て、『そんなデカくなくね?やってやろうぜ!』って言われて、『ハイ!』って飛び出したのは覚えてるんですけど、その後は瞬間瞬間、断片断片の記憶はあるんだけど、流れとしてはあんまり覚えてないし、そういう感覚になったライヴは初めてでしたね。それぐらいあっという間でした。だけどライヴが終わって裏に戻ったら、R-指定とCHICO CARLITOが目を真っ赤にして泣いてたんで、良いライヴだったんだろうな、って(笑)。ただ、続けてきてよかったなと思いましたね、音楽を。その気持ちは、今の活動の糧になってますね」
 
 

CATEGORY: INTERVIEW

To Page topTo Page top