INTERVIEW:

PEAVIS

「『自分らのジャンルって何かな?』と思ってたときに、ピースを歌ってるけどナヨナヨしたり単に『頑張れ』っていうんじゃなくて、かと言ってハードコアで暴力的で、っていうのも違う……だから、『ピースの意志が強い音楽』みたいな意味で、“ピースコア”っていうのはどうだろう?って。上っ面の平和じゃなくて、強い気持ちの平和、みたいな。だから、俺らはピースコアHIP HOPだと思いますね(笑)」

peavis_main
 “It’s All Right”や“Story Of Indigo”など、散発的なリリースではあるものの、ヴァラエティ豊かなトラックと、ピースフルな内容性で注目を集める、福岡在住のユニット:Yelladigos。その中核メンバーであるPEAVISが、初のアルバムとなる「Peace In Vase」をリリースした。
 
 Amebreakの読者の中には、彼が以前は別の名義で活動していたことを知っている読者も少なくないだろう。10代でフル・アルバムをリリースし(その作品はAmebreakでもアワードを獲得している)、以降もコンスタントなリリースを展開。MCバトルにおいても好成績を収めていた存在であり、福岡シーンを考える上では欠かせない存在であった。
しかし、Yelladigos結成を機に名前をPEAVISに変更、ピースフルな(といっても、のべつにピースな内容ではない)リリックを中心に据え、そのアプローチは大きく変わった。それはデジタル・リリースされた「PEAVIS SAVES」や、Yelladigos諸作でも明らかになっていたが、今回の「Peace In Vase」を通して、その密度は更に濃く、そして明確に提示された。そして、客演陣の豪華さからも、彼が如何に広い交流があり、そして期待されているかも、同時に理解できるだろう。
 
 何故、そこに彼が至り、そして「Peace In Vase」を作ったのか。Yelladigosのメンバーであり、ユニットのミックスである「SPACE TRAIN MIX TAPE mix by. DJ KEN-BEAT」を手掛けたKEN-BEATと共に語ってもらった。
 
 
■PEAVIS君は、以前は別の名義で活動されていて、そのキャリアは決して短くはないですが、その前名義でのキャリアに関しては、現在はご自身からはほぼ言及や発信はされていません。その理由は?
 
「敢えて言う必要はないのかな、って。Yelladigosを結成したタイミングでPEAVISに名前を変えたんですが、そこで“新人ラッパー”として自分の中では切り替わっているんで」
 
 
■ただ、前名義では10年以上活動して、4枚のアルバムを出しているわけだから、そのキャリアを断絶させてしまうのは、かなり勇気のいることではないのかな、と。
 
「ラップの内容やスタイルもかなり変わってきているし、前の名前だとバトルのイメージもついてたんで、それを払拭したり一旦リセットしたかった、っていう気持ちはありましたね」
 
 
■確かに、Yelladigosの楽曲は前名義での活動とはかなり感触が違うし、“It’s All Right feat. kiki vivi lily”のMVが出たときは「ここまで突っ込んだ変化をするんだ」って驚いたので、リセットという表現はしっくりきますね。しかもあの曲は、HIP HOP現場はもちろん、J-POP系のイヴェントでもよくプレイされていて。
 
「それは狙ってたかもしれないです。『現代のRIP SLYMEだ』ってコメントに書かれたり」
 
 
■良質でポップなトラックで、スキルの高いラップをやるとRIP SLYMEと言われてしまう問題はあるとしても(笑)、それぐらいキャッチーな楽曲に対して、Yelladigosのメンバー的には異論はなかったんですか?
 
「全然。みんな『行っちゃおう!』って感じで(笑)」
 
 
KEN-BEAT「全然OKでしたね。“It’s All Right”を出すことによって視野が広がって、そこからYelladigosを知ってくれる人も増えるという自信もあったし」
 
「Yelladigosは音的な拘りがあんまりなくて。トラックが良ければブーム・バップもやるし、TRAPも当然取り入れるし、キャッチーな曲もやるし」
 
 
■だから、音的な掴みどころはないんだけど、とにかく楽しそう、というのがYelladigosのイメージで。
 
「間違いないですね。音のスタイルに対して拘るのはもったいないと思うんですよね。音の流行や好みは時代で変化していくし、パターンも大体出きってる気がする。だから、逆にカッコ良ければ何でもいいって時代だと思うので、トラックのジャンルには拘ってないですねですね。それよりも、リリックやラップで一貫性を持たせてたり、メンバーの発するメッセージを統一して、Yelladigosのカラーを担保している感じですね」
 
 
■メッセージ性も、前名義とはかなり変わっていますね。
 
「それまでは『かますぜ!』みたいなラップをしてたけど、Yelladigosを結成するときに、Yelladigosはピース・マインドだったり『真実を歌う』ってテーマで一貫させよう、って話し合ったんですよね。『俺らはヤバイぜ!』みたいな、ラージに見せるような感じじゃなくて、もっとピースに、本当にリアルなことを歌ってこう、って」
 
 
■そのマインドはYelladigos以前にも持っていたけど、出しにくかったような部分ですか?それともYelladigosで発見した部分?
 
「多分、自分の中にはあったんだと思いますね」
 
 
■それがYelladigosによって花開いた、と。
 
「ですね。YelladigosのメンバーのBASHI THE BRIDGEは、10代のときにやってたクルーのメンバーで、RIOはその次に組んだクルーのメンバーだったんですよね。その今まで組んできたクルーの中で、より気の合うヤツが集まったのがYelladigosで。これまでのクルーは、人間関係というか、仲悪くなって解散したんですよね、どっちも。それでかなり病んだんですけど、今のYelladigosのメンバーで長崎の五島に行ったときに、五島の自然を見ながら『これからはピースを伝えていきたいね』って話になって。クルーですら分かり合えない、ヘイトしあう状況だからこそ、俺らはピースにやってこう、と。病みあげてどん底まで行ったんで、逆にピースフルにいこう、って(笑)」
 
 
■逆転して(笑)。活動する上で、そのマインドの変化は大きいですか?
 
「例えばMCバトルで地元で優勝もしたし、『福岡で俺が一番だ』っていうのもやれるところまでやったんで、ラッパー的なアプローチはもういいかな?っていう気持ちもありますね。だから、逆に普通の人が共感するような自分の弱い部分とか、今の世の中や世界はこういうところが問題だろ?とか、そういうことを歌っていこうって感じにシフト・チェンジして。だから、リリックの内容やスタイルを変えるのはまったく苦じゃなかったし、これが今やりたいことなんで、逆にストレスはないですね」
 
 
■話にあったように、前名義ではバトルにも出ていましたが、ブームになるのと同じ時期にバトルに出るのを辞めていますね。
 
「バトルで名前は高まってるけどタイトルは獲れない、ってことが多かったんですけど、2011年にUMBの福岡予選でやっと優勝して。それは念願のタイトルだったし、周りもめっちゃ喜んでくれたんですけど、個人的には『こんなもんか……』って感じだったんですよね。でも、本戦はかまそうと思って、めっちゃ意気込んでたんですけど、本戦の直前に、中学から仲の良かった、俺にHIP HOPを教えてくれたジンっていうB・ボーイでスケーターの友達がいたんですけど、そいつが飛び降りて — 事故か自分からかは分かってないんですけど — 死んでしまったんですよね。そのショックが大きすぎて、本戦も放心状態というか、全然集中できなくて。それに、本戦のステージってめっちゃデカイじゃないですか」
 
 
■2011年の会場は恵比寿LIQUIDROOMでしたね。
 
「そこで、言うこともないような、会ったことないヤツとめっちゃ距離が離れながらバトルして、っていう状況を客観的に見て『俺はなんやっとっちゃろ……』って。そんなメンタルだから、一回戦で普通に負けて、そのときの状況が結構トラウマになって、それからバトルは避けるようになって」
 
 

To Page topTo Page top