INTERVIEW:

餓鬼レンジャー

■“ランジェリー feat. Cherry Brown & なかむらみなみ”はかなり尖った音像と内容で構成されてますね。
 
ポチョムキン「まず仮のトラックに乗せて録ったラップをCherryに送ったら、こういうバイレ・ファンキっぽいトラックが上がってきて。このテーマに乗ってくれて、且つカッコ良い女性ラッパーは……『みなみちゃんどうですか?』ってCherryが提案してくれて、そういうセッションみたいな感じで組み上げていったんですよね」
 
 
 
■この曲のなかむらみなみのラップは、キャラ立ち含めて素晴らしいですね。
 
ポチョムキン「餓鬼レンは客演を輝かしたいと思ってるんで、そう思ってくれれば最高だし、これをキッカケに更に羽ばたいてくれればなと」
 
DJオショウ「そして恩返ししてほしい(笑)」
 
 
 
■急な打算が(笑)。
 
ポチョムキン「でも、下ネタが入ってる曲って今回はこの曲ぐらいなんですよ。それもどぎつくないでしょ?」
 
 
 
■そうですね。“On The Bed feat. m.c.A・T”での擬音とラップで性行為を表現するようなプログレッシヴすぎるアプローチはないですね。ある意味、餓鬼レンジャー名物的な下ネタを入れなかったのは?
 
ポチョムキン「なんというか……おじさんが下ネタ言ったら嫌われるんじゃないか?って(笑)“On The Bed”ぐらい行き切っちゃえばいいんですけど。自分でも楽しめる塩梅でやりたいですね」
 
GP「でも、“ランジェリー”は楽しめるよね」
 
ポチョムキン「キャッチーだからね。あと『ラクダのつま先=Camel Toe』という新しい英語エロ表現も知れて、勉強になる(笑)」
 

 
■ライミングに拘った“The Skilled feat. LITTLE & FORK”はYOSHIさん主導ですか?
 
GP「そうですね。この曲のインストを配布したら、各地のライマーが沢山リミックスをアップしてくれて。この時代でも韻が大好きな人ってこんなにいるんだなと思ったし、みんなそれを楽しんでくれるんだなって」
 
 
 
■『Rの異常な愛情』で、R君はこの曲について「3人ともいろんなパターンの韻の踏み方が出来る人なんですけど、この曲だとYOSHIさんは母音で固く長い音で踏んでいって、LITTLEさんは『どうしたんだ』『動詞ばっか』みたいに、語感や流れでも踏んでいく。FORKさんは子音とそこに繋ぐセンテンスのプロセスで気持ちよさを生むみたいな。三者三様の踏み方としてるんですよね」と分析しています。
 
ポチョムキン「共通してるのは、FORKの『まさに時代に逆行ベンジャミンバトン』や、LITTLEの『絶滅危惧種』みたいに、韻が好きなこと自体がもう古いかもしれないし、そんなオールドスクールの自分たちだけど、これだけプライド持ってやってます、っていう矜持ですよね」
 
DJオショウ「ホント頑固職人っていう感じのね。俺のトラックも、頑固職人な感じで、真正面から“Apache”を使って、大ネタで勝負しましょう、と。でも、僕らはベタだと思っても、若いリスナーには逆に新鮮だったりして、それも面白かったですね。そして、ポチョムキンも隠れハード・ライマーということは言っておきましょう」
 
ポチョムキン「よくぞ言ってくれました!“蘇生島”の俺のヴァースは、“The Skilled”に負けないぐらい踏んでるんで」
 
GP「『韻はYOSHI』って言われることを、ポチョは気にしてると思うんだよね(笑)」
 
ポチョムキン「俺だって韻踏めるんだぞ!なんなら固いぞ!と(笑)」
 
 
 
■“蘇生島”は餓鬼レンジャーのみで構成された曲ですね。
 
ポチョムキン「制作の最後に作ったんですよ。アルバムを組み上げてみて、YOSHI君の登場が少ない……というより、餓鬼レンジャーとしての曲がないぞ!と気付いて(笑)。トラックがゾンビや呪術を感じるものだったので、それを元に“リボーン”みたいなテーマで進めていって。時間がなかったから、韻先行で作ったんで、韻が固いということもあります(笑)」
 
 
 
■“NJな夜 feat. 伊藤沙莉”はタイトル通り、ニュー・ジャックがテーマですね。
 
ポチョムキン「ニュー・ジャック・スイングとかブレイクビーツみたいに、おじさんを隠さないけれども、それを先端にするのも餓鬼レンジャーだと思うんですよね。アラフォーが聴くとグッと来るだろうし、若い世代にもポップに楽しんでもらえるかな、って。沙莉ちゃんが今回は踊れて、歌っぽい方向がやってみたいって話してたので、その方向で進めていって」
 
ポチョムキン「本人が踊れるからね」
 
GP「それでポチョにも、歌ものニュー・ジャックによくある、ちょこっとラップが入るぐらいの塩梅で参加してもらって」
 
 
 
■そして、本編は“クライマックス feat. shohey”で一旦幕を閉じます。
 
GP「“ONE”とか“Strong Island”みたいな、熱いメッセージのある一曲にしたいな、と。そこで熊本の後輩であるTHREE1989のshoheyを招いたんですよね」
 
ポチョムキン「熊本地震があったときに、“サンバおてもやん2016 feat. 水前寺清子, コロッケ, ポチョムキン from 餓鬼レンジャー & 高良 健吾”っていうチャリティ・ソングを作ったんですよ。そのプロジェクトの制作にもshoheyは参加してて、水前寺清子さんにディレクションしてるんですよ(笑)。もっと言えば彼が大学生ぐらいのときから知り合ってて」
 
GP「だから『テラスハウス』で彼がブレイクする全然前」
 
ポチョムキン「それをキッカケに、俺も『テラスハウス』観て、普通に楽しんでた(笑)」
 
DJオショウ「良い意味で中性的な、気持ちの良い、耳に優しい声だから、この内容にフィットするよね」
 
GP「ポチョのリリックで泣いたっていう声も多いよね。エロとかバカっぽいイメージが餓鬼レンジャーにはあるけど、意外と良いこと歌ってるんだぞ、と(笑)」
 
 
 
■ただ、その涙が“妖精VS人間 ~Skit~”と“ティンカーベル♪”で引いてしまうんですが(笑)。
 
GP「タイトル曲がない事に気づいて“ティンカーベル♪”を作ったはいいんだけど、置き場所がなくて、ボーナス・トラック扱いになるという(笑)。ポチョが全部リリックを書いてくれて。で、HABANERO POSSEのBINGO君が最近熱いって言う、アフリカのGqom(ゴム)っていうビートを元にトラックを作ってくれて」
 
DJオショウ「唯一のメンバー全員のマイク・リレー曲」
 
ポチョムキン「ただ、この曲はライヴで絶対に再現できない。最後にきてライヴを想定してない曲が入ってくるという」
 
 
 
■全曲解説的にお話を伺いましたが、これからの動きを教えてください。
 
ポチョムキン「5人集まってグループを継続して、定期的にアルバムを出すっていうのは、今のご時世かなりハードルが高いと思うんですけど、このやり方でOKならば、それも乗り越えられるのかな、って」
 
DJオショウ「愛情とアイディアをしっかり持ち寄れば、生活スタイルの違いで寄り合うことは難しくなっても、新しいアルバムは出来るんだな、って」
 
GP「これだけやれてるのが奇跡ですよね。ワンマンとかフェスが出来てるのも嬉しいし、このメンバーで動くのはやっぱり楽しいな、って」
 
DJオショウ「解散の危機にあるグループは、これを聴いてほしいですね」
 
 
 
■それはマイカデリックのことですか?
 
DJオショウ「あそこは解散もなにも……そもそも真田人と連絡が取れないし」
 
 
 
■急にショッキング情報が。
 
ポチョムキン「まあとにかく、アルバムっていう単位になるかは分からないですけど、作り続けていくとは思いますね。出したときに現役感さえあれば大丈夫だと思うので」
 
GP「でも、流石にポチョとYOSHIの2MCの絡みが少なかったんで、次はもっと増やしたいよね」
 
ポチョムキン「ね。R-指定もそう言ってたけど、やっぱりそれを期待してくれる人が多いなら、それに応えたい」
 
 

To Page topTo Page top