INTERVIEW:

餓鬼レンジャー

 

 
■そう言っても、2曲目“チクショー!! feat. あっこゴリラ & コウメ太夫”からして、コウメ太夫さんという超変化球が登板してるじゃないですか。
 
GP「でも、ジャンルで言うとオショウと一緒なんで」
 
DJオショウ「和服ってこと?」
 
GP「いや、雰囲気(笑)」
 
 
 
■変化球枠(笑)。
 
GP「コウメさんの意識はマジで高いですよ。私服で来たんだけど、レコーディングは白塗りして和服に着替えましたからね」
 
 
 
■「チクショー!」を言う体勢を整えて(笑)。
 
ポチョムキン「高島田のカツラを付けてるから、ヘッドフォンが付けられないというアクシデントもありながら(笑)」
 
DJオショウ「『チクショー!』までに至るネタも、フリースタイルで何本も考えてくれて」
 
ポチョムキン「ボツになったんだけど、ブースで急に『タコ頭~』っていうネタを歌いだして、それは餓鬼レンジャー関係ないな……と思ってたら、エンジニアのDJ MO-RIKI(DOSMOCCOS)の頭を見て生み出してたという(笑)。で、根本的にはこの曲は何か印象的なフレーズをもとに曲を広げようっていうのがテーマだったんですよ」
 
DJオショウ「AKLO “New Days Move Remix feat.SALU, STAXX T(from CREAM), KOHH, SHINGO★西成”での、KOHHの『うるせー!』みたいな感じで」
 
ポチョムキン「その路線で考えたときに、もっと破壊力のある言葉は……『チキショー!』じゃないかと。それが思いついたんで、そこはコウメさんにオファーしたんですよね」
 
GP「餓鬼レンジャーはありがたいことに、くりぃむしちゅーさんとかケンドーコバヤシさんとか、いろんな芸人さんと絡ませてもらってきてるんで、今回も芸人さんに登場頂くのも自然かな、って。ただ、ポチョムキンとコウメさんだけっていうのもなんなので、もうひとり客演のラッパーが欲しいなと思ったときに、あっこゴリラが浮かんだんですよね」
 
ポチョムキン「ゴリさんでこのテーマはバッチリじゃないかと」
 
DJオショウ「女性ラッパーの中でもちょっと他のアーティストとは違う尖り方をしてるから、その感覚はこの曲のテーマにもフィットするだろうな、って」
 
ポチョムキン「そしたら曲のアイディアもバンバン出してくれて、フックも歌ってくれて。あのパートがあるとないとじゃ、全然感触も変わったと思うし、勢いを感じましたね」
 
 
 
■オショウさんが作ったトラックですが、ラストが急に4つ打ちになるのが完全に意味が分からなくて。
 
GP「俺も分からない」
 
ポチョムキン「俺もわからない」
 
DJオショウ「え~(笑)」
 
ポチョムキン「とりあえず爆笑したけど」
 
DJオショウ「まあ、勢いがある感じで!(笑)」
 

 
■“ちょっとだけバカ with Creepy Nuts”は、予てから餓鬼レンジャー・ファンを公言していたCreepy Nutsが遂に登板しましたね。
 
DJオショウ「Creepy Nutsの2マン・ライヴの対バンで僕らを呼んでくれたときも、ホントにリスペクトしてくれて。あんなに売れてんだから、もっと粗雑に扱ってくれてもいいのに」
 
ポチョムキン「よくないだろ(笑)」
 
 
 
■それはオショウさんの性癖でしょ(笑)。
 
GP「対バン・ライヴの会場が福岡だったんですけど、彼ら主宰っていうこともあってか、完全にアウェイな状況だったんですよ。でも、お客さんがとにかく盛り上がってくれて、それはCreepy Nutsが僕らをリスペクトしてくれてるのが伝わってるからだろうし、ファンはアーティストを写す鏡だな、と。ただ一部のリスナーは、YouTubeに上げた“ちょっとだけバカ”のMVのコメント欄に、『R-指定もどきが両サイド(GPとオショウ)にいる』って書き込んでて」
 
ポチョムキン「ヒゲとロン毛で。GPとオショウがR-指定に寄せてったと思われてる」
 
GP「そういう心ない声が(笑)」
 
DJオショウ「俺らの方が先輩だっつの!(笑)」
 
GP「まあ、それは冗談だけど、R-指定の名前は早々に挙がってたし、R-指定だけじゃなくて、Creepy Nutsに客演してもらおう、と。っていうのも、餓鬼レンジャーの4人も、Creepyのふたりも、賢くもないけど極端にバカでもない、ちょうどいい、ちょっとだけバカ寄りなんじゃないかな?と。それをテーマにして」
 
DJオショウ「まあ、等身大ってやつですよね」
 
ポチョムキン「共通項考えてて、いろんなキャラが立ったラッパーの中では割と普通の部類ではあると思うので、そこで普通とか平凡をテーマにしつつ、あれこれ考えてる内に、普通、っていうかちょっとだけバカってことになりまして(笑)。だからこそ成し遂げれる夢がある、と『馬鹿げた夢ならお互い様』というワードでギュッと締めようと」
 
GP「オケも最初はTRAPで、次はレゲトン、最後はレゲトンにP・ファンクのコード進行とか、二転三転していったんですよ。でも、そういういろんな要素が絡まったら、餓鬼っぽくもあり、Creepyっぽくもあるトラックに落ち着いて」
 
 
 
■ポチョさんのラップが、被せで回収するというTRAPでのラップの構成に近いのは、それが影響してるんですね。
 
ポチョムキン「ライヴだと、YOSHI君やRがその部分を歌ってくれても面白いし、って。松永にもちゃんとシャウトしてもらって」
 
DJオショウ「スクラッチじゃないのか!っていう突っ込みを待ってます(笑)」
 

 
■どの曲も豪華ですが、その中でも“キューバ・リブレ feat. Mummy-D, RYO-Z, LIBRO & DABO”は屈指の豪華さですね。
 
ポチョムキン「まず、RYO-Z君とLIBROとで、一緒に曲を作ろうって盛り上がってたんですよね。それで制作を進めていく中で、DABO君にもヴァースを蹴ってもらって、『フックをDさんがやってくれたらヤバイよね』って構成が固まっていって。ただ、Dさんにオファーしたときに、『テーマは?』って訊かれたんだけど、実はしっかり固まってなくて。それで、『……“FUN”っていう感じなんですけど』ってすごくボンヤリしたテーマを返したら、それを見抜かれたのか、あの酒テーマが返って来て、『ありがとうございます!いただきます!』と(笑)。RHYMESTERは、会う度に『コラボしたい』って話を15年以上言い続けてて、それが今回、Dさんだけとはいえ、やっと絡めたっていう感動はありましたね」
 
GP「やっぱり、餓鬼レンジャーとLIBROは相性いいよね」
 
DJオショウ「スキルフルで豪華なMC陣をこれだけ入れて、よくまとまったと思うし、LIBROさんのトラックも大きいよね」
 
ポチョムキン「良いビートと良いラッパーがいれば、集めたりまとめたりっていうネゴシエーションの大変ささえ乗り越えれば、間違いない曲が出来るんで、っていう安心感もあって」
 
 
 
■“夢で逢いましょう feat. 鶴亀サウンド”もLIBROさんとの共作ですね。
 
GP「ポチョは本気で歌ったよね」
 
ポチョムキン「歌った。フックはWATTが作ってくれたんですけど、それも綺麗にハマって。ミックスも試行錯誤しました、ふざけなくて作ろうと。それに、寝るのって大事ですよ、ホントに(笑)。そのメッセージは万人に伝わると思う」
 
GP「バンド系の人からも評判が良いよね」
 
DJオショウ「アンテナを張り巡らせてるリスナーにバシッとハマってる感じがする」
 
 
 
■シティ・ポップ文脈も感じるし、「今の空気」がありますよね。
 
DJオショウ「だからここで言いたい。『単なるおっさん集団じゃねえぞ!』って」
 
 
 
■誰もそこまで言ってませんよ(笑)。
 
DJオショウ「『R-指定のニセモノじゃねえぞ!」と」
 
 
 
■YouTubeのコメントを根に持ってどうするんですか。
 
GP「でも、この曲もMV作ってYouTubeとかに上げて、もっと広めたいよね」
 
ポチョムキン「作りたいんだよな~。餓鬼レンジャーを聴いたことのない、世の中の9割の人にハマってくれればなと(笑)」
 
 

To Page topTo Page top