INTERVIEW:

BUPPON/KOJOE/illmore

bupponsolo

BUPPON

 
 
■今作「enDroll」でKOJOE君をエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え、illmore君にトラックを依頼したのは、最初に今作をキッカケに世に自分の名を知らしめたいという想いがあったからなのか、KOJOE君たちと今作の構想について話していく内にそういう考えになってきたのか、どっちだったんでしょうか?
 
BUPPON「前のアルバム『LIFE』は、それまで通り自分のレーベル(AXIS RECORDS)から出したんですけど、そのときにセルフ・プロデュースで作るアルバム制作の限界を見てしまった、というか。あのアルバムでも出来る限りのことはやったし、初めて全国ツアーを組んだりも出来たんですけど。1stアルバム『蓄積タイムラグ』から『LIFE』が出るまでに6年とか空いちゃってたんで、3rdアルバムは早く出さないといけない、と思ったんです。『LIFE』のリアクションも良かったからこそ、すぐに次を出さないといけないけど、『じゃあ次はどうする?』っていう部分でちょっと行き詰まったっす。自分だけでやれることの限界を感じてしまった頃、たまたまKOJOE君と……」
 
KOJOE「でも、『LIFE』の頃には俺、もう煽ってたじゃん?あのアルバムで“烏 feat. KOJOE”をやったっしょ?あの曲、アルバムが出来る1年半ぐらい前に作った曲じゃん?」
 
BUPPON「初めてKOJOE君に電話したときに『曲を作ろう』って話になったんですよ。で、手元にあったビートを全部送ったら、翌日にレコーディングしたヴァースを返してきて、『早っ!何、この人……』ってなって(笑)」
 
KOJOE「『取り敢えず曲作って、MV出して、半年後にはアルバム出すんべ』って、勝手に人のアルバムのシングル曲を決めて(笑)。でも、結局あの曲が出来てから1年半ぐらいかかりやがって、コイツ。その間も、俺は会ったり電話する度に『早く早く!』っていうのを続けてたよね」
 
BUPPON「最初にKOJOE君と会ったのは中野HEAVY SICK ZEROですね。僕はライヴで行ってて、沖縄のRITTOが遊びに来たんですけど、彼に『KOJOEも連れて行っていいか?』って言われて、僕も『え?マジか……』って。会ったことがなかったし、当時の曲のイメージだと結構、キレてるイメージがあったんで『大丈夫かな……?』って(笑)。そのときは普通に挨拶して、その後に自分のパーティにライヴしに来てくれて、そのちょっと前ぐらいのタイミングのやり取りで“烏”を一緒に作ったんですよね。多分、KOJOE君のラップは“24 BARS TO KILL”のリミックスで聴いたのが最初ですね」
 
 
■正直、おふたりを見ると全然性格が違うふたりだという気がするんですけど、どういった部分でウマが合ったんですか?
 
BUPPON「僕は3人兄弟の長男なんですけど、僕に兄貴がいたとしたらこんな人(KOJOE)なのかな?って感じです。最初は俺も敬語で話してたり、ビビってた時期もあったんですけど、やり取りしている内に『この人、俺も一発言い返してもいいんかな?』みたいな空気感を出してくるんです。で、俺もたまに『うっせぇ』って言ったりする内に、兄貴みたいな存在になってきた感じです。その関係性は今作を作り始める前から出来てましたね」
 
 
■でも、仲が良いだけではエグゼクティヴ・プロデュースまでは引き受けないですよね。そこはやはり、KOJOE君がラッパーとしてのBUPPON君に何かを見出しているからだと思います。最初にBUPPON君のラップを聴いたときに、どんな印象を持ったんですか?
 
KOJOE「ライヴを観て、すぐに好きになった。言い回しだったりとかは確実に日本語ラップなんだけど、英語のラップを聴く感じで日本語がスッと入ってきて。日本語なんだけど日本語っぽくないというか。普通に書くと難しい人の感情や自分の置かれてる状況を、すごく簡単な日本語を使って表現できる。でも、簡単な日本語でもその組み合わせは結構複雑だったりして。『うわ、そういう言い方あったか!』みたいなのがすごいあって。ライヴのヴァイブスもスゲェ高かったし。俺は、バイリンガル的な要素も強いから勘違いされやすいかもしれないけど、日本語のラップは結構、分け隔てなく聴いてて。言葉として凄い(表現が出来る)人が日本にはたくさんいるし、俺はちょっとした“日本語コンプレックス”みたいなモノを持ってるから、ヤバイ言い回しでラップするヤツはみんな見本。その中でもBUPPONは、俺の中でもひとつ抜けてるアーティストだったのかな、って」
 
 
■今作の制作に向けて動き出したのは、いつ頃なんですか?
 
BUPPON「去年の1月じゃないですかね。KOJOE君のスタジオに行って、そのときにP-VINEの担当者も紹介してもらって。でも、そのときまでは内容に関しては全然決まってなくて、『illmoreのビートだけでやる』っていうことも、その場で決まったんです。illmoreからは、アルバム用に数曲もらってはいたんですけど。で、そのときの話し合いで、KOJOE君にエグゼクティヴ・プロデューサーをやってもらったり、全曲illmoreのビートで行こう、ということも決まっていった感じです。で、レコーディングを始めたのは4月ぐらいからですね」
 
 
■KOJOE君とは別のラインで、既にillmore君とは繋がっていたんですか?
 
BUPPON「関係としてはKOJOE君との方が古いんですけど、別の方面から『illmoreってヤツがヤバイ』っていう話はずっと聞いてて。あと、KOJOE君が『here.』を出す前に、KOJOE君に『here.』用のillmoreビートを聴かせてもらったりしてたんですよね。そういう流れもあったし、『今までやったことない人と演りたいな』ってなって。最初は連絡先も知らなかったんで、DMで連絡したら、彼も僕のことを知ってて」
 
KOJOE「illmoreからは、先に『コレ、どうかな?』っていうトラックを数曲、先に俺に送ってきたりして、そこから俺が選んでBUPPONに送ったりとか。基本は、同時進行で俺が常にモニタリングしつつ。でも、最初に録りに来たときに選んでたビートの内、半分以上は『コレ、ないね』って(却下して)、選んでないビート上で書かせたりとかもして」
 
BUPPON「だから、僕のチョイスは半分も通ってないんですよね(笑)」
 
 
■KOJOE君が却下する際、その理由は説明するんですか?
 
BUPPON「してきますよ。例えばBPMが近かったり、ニュアンスが似てる曲だったり」
 
KOJOE「俺が何も言わなかったら、全部“Reverse feat. NAGAN SARVER”とか“Moment”みたいな曲ばっかりになってたと思う」
 
BUPPON「僕も今まで、そういうことはあまり考えないで好きなビートを選んでアルバムというパッケージにしてたんですよね。一曲目の“Awaken”とかも、あの感じと似たトラックをあと2曲ぐらい選んでたんですけど、『アレは一曲あったら十分だから、違うのでやれ』とか。逆に、俺が今までやったことがないようなビート — “187 feat. KOJOE”とか“Like”とかがそうなんですけど — 結局、僕は“言葉”でしかやってきてなかったというか。ラップも、リリック面にしか拘りを置いてなかったので、KOJOE君/illmoreとアルバムを作ることで、『ビートに違和感を感じたら聴かないヤツもいる』とか、そういうアドヴァイスをもらいました」
 

 
■そもそも、ずっとひとりで制作してたから、そういうことを指摘してくれる人もいなかったんでしょうね。
 
BUPPON「確かに、いなかったですね」
 
KOJOE「仕事の直後とかに、重たい内容の歌詞とか聴けないじゃん?」
 
BUPPON「そうですね、僕も聴かないし」
 
KOJOE「聴くタイミングによるとは思うけど。熱いリリシズムは絶対にないといけないけど、その部分は安心してたし、それはどんなビートを当ててもなくなるモンじゃないと思ってた」
 
BUPPON「だから、これまではアプローチの仕方が一辺倒だったのかな?って。今回は、ふたりのおかげで — 僕のことを前から知ってる人は意外/新しい印象を受けるんじゃないかな?って」
 

To Page topTo Page top