INTERVIEW:

梅田サイファー

umeda_main

LtoR:KOPERU/KZ/R-指定/ふぁんく/KennyDoes

■バック・グラウンドのようなある種の特殊性/特権性や、空気やムードという不確かなものではなく、「誰もが努力すれば鍛えて強くすることが出来る」「公正で客観的な」武器で戦う、というか。
ふぁんく「近いと思いますね。それもあって、『今に見とけよ』とも思ってたし」
 
R-指定「だから、最初は怖かったですもん。とにかくKZさんとふぁんくさんは怒ってたし」
 
ふぁんく「ハリネズミみたいに、敵を寄せ付けないためにトゲを出してたというか」
 
KZ「ハリネズミって、自分!」
 
ふぁんく「ハリセンボンみたいな体型やけど(笑)」
 
KZ「だからこそ、フロウとかライム、リリシズムっていうスキルの部分については、とにかくディスカッションしてた」
 
 
■今、R君と『Rの異常な愛情』という日本語ラップに関するトーク・ショーをやってるんですが、その中でR君はとにかくロジカルにラップを分析していて。その礎が梅田サイファーだということは常々話していたし、実際にそれが自分たちのアイデンティティでもあったということですね。
ふぁんく「でも、めっちゃ嫌われてたと思う、梅田サイファーは」
 
KBD「KOPERUが『ENTER』で優勝したぐらいの時期の梅田サイファーの嫌われっぷりは」
 
KZ「異様やったよな」
 
KBD「『ENTER』のベスト4が、HIDADDYさん以外みんな梅田サイファーっていうときがあって、そのときはメッチャ罵声が飛んできて」
 
R-指定「実力があるのに嫌われてるっていう。だから『なんで認められないんだ』っていう黒いオーラも梅田サイファーは出してて」
 
KOPERU「韻踏合組合の人たちは早く理解してくれたし、他の人たちともモメるみたいなことはなかったけど、それでもアウェー感はあった」
 
 
■何故、そんなに「嫌われて」いたんですか?
peko「『ENTER』周辺だとCOE-LA-CANTH、鬼畜鉄道/ZIOPSみたいな、アメ村の流れを汲んだネクスト・スターへのプロップスがすごく高かったし、ラップも上手いし、単純にカッコも良いからシーンの空気を支配してて。一方でストリートの概念も強かったから、ストリート、もしくはアメ村っていう流れの中にない若いヤツがポンと出てきても評価されにくい状況だったんですよね。でも、そこでふぁんくが独自のスタイルで、シーンや空気になびかずにバンバン実力者をやっつけていったから、風穴を開けたと同時に、そのスタンスがヒールにも写ってしまってたと思う」
 
KBD「だから、“空気”が勝敗を決める部分も少なからずあったんだけど、梅田サイファーの人間が勝っていくことで、シンプルに『ラップ・バトルとしてどっちが上手いのか』っていう判断に変わっていったと思いますね。僕が初めて観に行った『ENTER』の決勝がふぁんくとHIDADDYさんだったんですけど、それまでだったら空気的には若手が勝つなんてことはかなり難しかった」
 
KZ「それまでにそれが出来たのって、悠然 a.k.a 赤いメガネさんぐらいちゃいます?」
 
KBD「でも、ふぁんくの優勝をキッカケに、梅田サイファーの人間がどんどん勝ち上がっていったことで状況が変わったし、それで僕も勝てたって部分があると思う」
 
KZ「KBDさんはその頃からゴリラに似だしてたんすか?」
 
KBD「それは15歳くらいからやな(笑)」
 
ふぁんく「でも、僕自身が『大阪のシーン』を何も知らなかったってのも大きかったと思う。知ってたら、もしかしたらその状況にへりくだってしまったかもしれないけど、その知識が全然なかったから、っていうのもあるかな」
 
 
■KennyDoes君はどのように参加したんですか?
KennyDoes「僕はそこらへんの話が全部片付いて、梅田サイファーが確立された時期に、ひょっこりと入ったんですよね。梅田が出来て4年目だから、2011年ぐらいだったと思いますね」
 
KZ「いつも待ち合わせ場所にレッドブルを持ってきてくれて『KZさん、これ飲んでください!』って。そのレッドブルの美味いこと美味いこと(笑)。それがいつしかメキメキと頭角を表わしてコッペパンのDJになり」
 
KOPERU「気付いたらラップもしだして」
 
KennyDoes「ラップはやりたかったんですよ。それこそKOPERU君が『BBOY PARK U-20 MC BATTLE』で優勝した後に公開されたドキュメンタリー動画をAmebreakで観てラップを始めようと思ったんで」
 
peko「最初に『アマチュアナイト』で出会ったときはDJだったんだけど、梅田サイファーでラップを始めて。一番短期間でレヴェル・アップしたのはKennyやと思うし、それは梅田サイファーが如何にスキルに固執した集団なのかを表わしてると思う」
 
KennyDoes「梅田サイファーの集大成みたいな人間だったと思うんですよ。梅田サイファーが培ってきたスキルの良いところを摘んだのが俺、みたいな」
 
KZ「留学経験も含めて、梅田の中で一番英語やUSのHIP HOPに対する理解も深い。リズムに対して機敏なんですよね、それは俺たちも影響されてますね」
 
KennyDoes「イェイイェイ」
 
KZ「一番伊達男やしね、この顔面やけど」
 
R-指定「糸目やけど」
 
KennyDoes「おいおい!(笑)」
 
ILL SWAG GAGA「僕もKennyと同じぐらいに参加したんですよね。mixiで『大阪/ラップ/サイファー』みたいな感じで調べたら梅田サイファーが出てきて」
 
KennyDoes「GAGAは梅田サイファーで一番ヤバいヤツです」
 
 
■“New Basic Case.2 ”でもかなりアヴァンギャルドなラップをされていますね。
KennyDoes「GAGAが梅田に来た影響はめちゃデカイんですよね」
 
KBD「それまではケツで長く韻を踏んでリズム・キープしてっていう、梅田サイファー的なメソッドがあったんですよね」
 
KZ「まあ、今のバトルの定番というか」
 
KennyDoes「その形が飽和してきた頃に、GAGAがその価値観を完全に破壊するようなラップをして」
 
R-指定「最初、Kennyは怒ってたもんな」
 
KennyDoes「メッチャ嫌いやった」
 
R-指定「梅田の中での『上手い』っていう価値観の中でみんなラップを回してるのに、訳分からんラップするから……」
 
KennyDoes「なんやコイツ!って(笑)。でも、それが何週間も続くと、どんどんクセになっていくんですよ」
 
KZ「SCARSで言ったら、SEEDAとかBESの後にA-THUGの凄さに気付く、みたいな」
 
KBD「それか、キエるマキュウのMAKI THE MAGICみたいな。それがあったから、より梅田のスキルや表現に広がりが生まれたっていう」
 
(キョトンとしてるGAGA)
 
KZ「それでいい(笑)!」
 
ふぁんく「ただ、今でもワケ分からんこと言い出してイラッとすることはあるけどね(笑)」
 
KBD「その一番バグったGAGAの後に来たのが、コーラですね」
 
コーラ「俺が一番最後だと思いますね。初めて行ったときに、サイファーがもう終わってて、ふぁんくさんとKZさん、KBDさんはそこに残ってたんですよ。それの姿を遠巻きに見てたらKZさんが近づいてきて『君、なんか言いたいことがあるなら言った方がええで』って」
 
KOPERU「怖っ!(笑)」
 
R-指定「なんでそんな圧かけんねん(笑)」
 
KZ「いや、もっとファニーだったはずやねん!『どうした~♪』みたいな(笑)」
 
コーラ「それで『もう今日はサイファー終わったんすね』って言ったら」
 
KBD「KZ君がいきなり『それより君、ガチャピンに似てるな』って(笑)」
 
コーラ「それにKBDさんが『今日はムックはどうした?』って被せて(笑)」
 
KennyDoes「初回からイジってるやん(笑)」
 
 

To Page topTo Page top