INTERVIEW:

YOUNG FREEZ

■「YOU=君」をアルバムのメイン・コンセプトにしようと思った理由は?
「本当は、今作の前に『HONESTY』っていうEPを出したんですけど、アルバムも『LOVE, LOYALTY, HONESTY』(『愛、忠誠心、正直さ』)っていうタイトルにしたかったんですよね。そしたら結構、周りに否定されて(笑)。だけど、この三つの言葉は俺にとってはすごく大事な言葉なんで、EPには『HONESTY』というタイトルを付けて。だから、今作のアルバム・タイトルはギリギリまで考えてなかったんですけど、『リリックにメッチャ“YOU”入ってんじゃん。じゃあ“YOU.”にしよう』ってなったんです」
 
■じゃあ、結果的/無意識的にコンセプト・アルバムのようになったということですね。でも、それなら何故そういった構造のリリックが今作では多くなったんだと思いますか?
「『BE FAME』を出してからここに至るまでに、対人関係に関するいろんなことが多すぎた気がするっすね。仲間のことはメチャクチャ信じてたけど、結局割れちゃったりしたのとか、そういったことを経験して結構疲れたんですよ。だけど、“PICK YOU UP”は制作終盤に出来た曲なんですけど、この頃にはネガティヴからポジティヴな方に抜けるタイミングが反映されてる内容になって」
 
■メロディ・ラインはどうやって付けていったんですか?
「もう、ビートを流しながら歌うだけですね。鼻歌っす。俺、母ちゃんがピアノの先生だったんですよ。俺は音楽の成績、“1”だったんですけど(笑)。だけど、潜在的に音楽が好きというのはあったっぽいんです。取り敢えずトラックを聴いて、鼻歌を載せていって、レコーディングで直していって完成していく、って感じです。言葉より先にメロディを考えることが多いです。メロディを一個載せたモノにワードをハメていって、みたいな」
 
■前作のイメージからすると、客演陣のラインナップは結構意外な印象を受けました。例えばT-Pablowとか。
「T-Pablowは、普段から遊んでいるワケではないんですけど、単純に『一緒に曲を作りてぇ』って思ったんですよね。“NOW OR NEVER”みたいなビートで力強くラップできるのって、彼ぐらいしかいないんじゃないか?って制作当時に思ったんです。それで誘ってみたら『是非』って言ってくれて。最近はお互い忙しくなっちゃって全然連絡取れてないですけど」
 

■JP THE WAVY/RYKEY/SALUといった面々は、やはり彼らと交流が深いELIONEから繋がっていった仲、ですか?
「そこからですね。明日もRYKEYのMV撮影があるんですけど、俺とかWAVY、SALU君とかも参加します。RYKEYは『BE FAME』にも参加してくれてますし。ELIONEが、いろんなアーティストを集めて“定例会”をやってるんですけど、そこで何回か会って遊んでる内にアルバム制作の話をしたら、みんな参加してくれた感じですね。だから、ハンパない客演ばっかりのアルバムがいきなり出来ちゃった感じですね(笑)」
 
■だから、先程はここ数年の人間関係から来るストレスについて語ってましたが、今は人間関係/交友関係的には良い状態のようですね。
「そうですね。以前、モメたヤツらは大体、今は活動してないんじゃないかな。だから、結局意見が違うのも、考え方が違うからじゃないのかな、って」
 
■そういった新たな出会いを通して、FREEZ君にフィードバック/影響はありましたか?
「いろいろ刺激を受けるとこはスゲェ多いです。だけど、この3人(JP THE WAVY/RYKEY/SALU)はアーティストとして見ると近しい位置にいる人たちですけど、個性としてはみんなバラバラで良いんですよね。だから、『ああ、いろんな方法があるんだな』って。実際にいろんな刺激を与えてくれますし、自分のブランディングををどう作り上げていくかを、ポジティヴにスゲェ考えられますね」
 
■日本のHIP HOPでも、近年はFREEZ君のようにメロディの強いラップ・スタイルが増えてきましたよね。そういった他アーティストの楽曲はチェックしてるんですか?
「聴きますね。掘り下げたりまではしてないですけど、ヒットしている曲は聴きます。『若いっていいなぁ』って思いながら聴いてますね」
 
■思いますよねー(笑)。だけど、FREEZ君の今作の良さって「若すぎない」ところにあるとも思うんです。言葉からは歳相応の経験値が感じられる一方、若いラッパーたちもフィールしやすいアプローチ/歌い方で。決して「チャラい」アルバムじゃないですよね。
「俺、チャラいの書けないんですよ。例えば“ビッチ”とか、絶対言いたくないし」
 
■正に、“ビッチと会う”という曲もありましたが。
「だけど、あの曲は女性を蔑むような感じではなかったですよね。俺は、自分の音楽に関してはマジメな作風で作っていきたいんです。そういう人、あまりいないですよね?メロウTRAPの人で。俺はその部分を確立させたいと思ってます。サウンドに関しては今の流れに寄せるけど、内容は、俺自身の考え方は変わってないと思います」
 
■ゲスい質問ですが、「モテたい」とかそういったことは、原動力やリリックを書く動機にはならないんですか(笑)?
「モテたいはモテたいですけど、10人相手するなら、何も言わないでも分かってくれるような女性がひとりいた方がいいです。親友とかと同じで、多くを求めないで周りにいるだけでいい、っていう考えの人間です、俺は」
 
■……やはり、チャラさとは真逆の回答だな……(笑)。率直に、今作を作り上げての現在の心境は?
「まあまあ、って感じですね。自分の中で好きな曲があるから、多分、良かったのかな?っていうのはあります」
 
■だから、その「まあまあ」は、「納得がいかない」というより「まだまだ出来ること/成長できることがある」という前向きな意味、ですよね?
「今作は、制作費を全部自分が出したんですけど、制作において『全曲思う通りにプロデュースしてもらいたい』とか『あのビートが欲しい』『ああいう環境で曲を作りたい』って思ったときに、制限がなくても作れる状況まで行なったら、俺の100%が出せる作品が出来るのかな?って。人生のどこかで、ゆくゆくはそういった制作をしてみたいですね」
 
■全額、出してるんですね。そうすると、車の購入費用が今作の制作費に消えたわけですね(笑)。
「そうです(笑)。まあ、このアルバムは、本当に俺にとっての“1枚目”なんで、この後何枚か出した頃にはもうちょっと状況は変わってると思うし、より良い作品が作れると思いますね」
 
 
youngfreez_flyer
EVENT INFO
MONSTER
YOUNG FREEZ “YOU.” RELEASE PARTY

日時:12月1日(土)22:00 OPEN
料金:3,000円(1D)/24時まで1,000円(1D)
LIVE:YOUNG FREEZ feat. CHICO CARLITO/JP THE WAVY/RYKEY/SALU/T2K/ZEUS
DJ:HAZIME/WATARAI/SAFARI
LIVE PAINT:鬼頭

To Page topTo Page top