INTERVIEW:

Gottz (KANDYTOWN)

「『KANDYTOWN』を作って、『ブームバップ的なモノとは違うモノを作りたい』っていう意識が明確になったと思いますね。それに、KANDYTOWNのメンバーがみんな同じことをやってもつまらないじゃないですか。『いろんなことが出来る』っていうことを見せたかったし、『KANDYTOWNっぽくない』って言われても、俺は別に構わないと思えたんですよね」

gottz_main
 KANDYTOWNの中でもそのタフなラップ・スタイルとワイルドなアプローチ、そしてキャラの強さが印象的なGottz。
 
 KANDYTOWN作品はもちろん、KIKUMARUやRyohuなどのソロ作、そしてDJ PMX“Neon Wave”にIO/MUDと共に参加するなど、KANDYTOWNの中でも“客演王”的な存在感も提示してきた彼が、初のソロ・フィジカル盤となる「SOUTHPARK」をリリースした。
 
 これまでに、フリー・ダウンロード形式で「Hell’s Kitchen」(2015年)をリリースしていた彼。なので、今作のリリースまでやや時間がかかった印象があるが、KANDYTOWN作品ではメンバーの共有する価値観としてブームバップ/オーセンティックなHIP HOPを形にしつつ、それぞれのソロでは各メンバーの持つオリジナリティを作品に込めてきたように、今作もGottzの持つオリジナリティが充満した作品となった。
 
 その大きな要素となっているのは、TRAPビートになるだろう。KMとLil’ Yukichiのふたりが作品の多くのトラックを手がけ、独特のビート感で彩られた本作は、KANDYTOWNのマナーでははっきりとは見えづらかった、Gottzのラップの持つ中毒性を顕にし、TRAPとの親和性をしっかりと作品に落とし込む。リリックの内容としても、ストーナー的な側面が垣間見ることが出来、それも作品に色を加えることになっている。
 
 「KANDYTOWNの末っ子」と自ら話す彼だが、末っ子だけに自由で野放図、良い意味で“わがまま”なアプローチが作品に反映された、そして、ここから更なる起爆を感じさせる一作だ。
 
 
■今回のアルバム・タイトルにもなっている「SOUTHPARK」は、Gottz君が最初に組んだラップ・グループが由来のひとつでもあるそうですね。
「中3とか高1のときに作ったグループの名前ですね。元々、出身は経堂なんですけど、南公園っていう場所があって」
 
■正に“サウスパーク”が(笑)。
「そこで小学校ぐらいから、3〜4個ぐらい上の先輩にサッカーを教わってたんですよね。その先輩たちが高校生ぐらいになるとラップを聴き始めて、中学生だった俺とかにもいろんなCDを貸してくれるようになって。自分ではRED HOT CHILLI PEPPERSとかロック系の洋楽を聴いてたんですけど、そこで洋楽のHIP HOPも聴くようになって」
 
■それはどんなアーティスト?
「最初にピンときたのはT.IとかLIL WAYNEでしたね」
 
■では、初期からTRAP的なモノに対する親和性があった、と。
「単純に、めっちゃ流行ってましたしね。日本語ラップはSEEDAやBES、SCARS、NORIKIYO、MSCとかにピンときてましたね。それで、地元のTSUTAYAでCDをディグり始め……レンタルなんですけどね(笑)。それで間に合わなくなったら下北沢のDISK UNIONとかJET SETにも行くようになって」
 
■それで、自分でもラップを始める、と。
「HIP HOPを貸してくれた先輩がラップを聴いてたり、一緒にカラオケに行ってもNASのトラックでフリースタイルしてたりするのが、すげぇカッコ良く見えたんですよね。しかも、先輩だけど『パー券買えよ』みたいな感じじゃまったくなかったし、普通にタメ口でダベってられる関係だったのが大きかったと思います」
 
■いわゆる上下関係的な先輩じゃなかったから純粋に憧れられた、というか。
「ちょっと話はズレちゃうけど、例えばその当時に渋谷に出ちゃったしてたら、上下関係だったり『(イヴェントに)客呼んでこい』みたいな“沼”に入ることになっちゃってたと思うんですよね。俺らはそういう文化の最後の世代だと思うし、『その沼には入りたくないな』ってめっちゃ思ってて。もちろん、何回かそういう環境に巻き込まれてて、横浜のイヴェントにYaBastaで出たときは『30人客呼んでこい』みたいな、『世田谷の俺らには無理だろ』っていうノルマを課せられたりもして。それで、『こういうのとは関わらないで動かねぇとな』って思ってたし、今CDを出せてよかったですわ。目にモノを見せてやった感がありますよ(笑)」
 
■それは良かった(笑)。SOUTHPARKはYabastaの前身になるんですか?
「そうですね。SOUTHPARKは地元の同世代の友達だったMIKI/DIAN/KEIJUや他の友達と作って。で、KEIJUは和光に通ってたんで、和光の同学年と合流してYaBastaになっていく感じでしたね。そこでYUSHI君とかBANKROLLになっていく連中とも知り合って。ソウルとかネタ物を聴き始めたのも彼らから影響を受けて、でした。ただ、俺は中学校からサッカーのクラブ・チームに入ってたし、受験勉強が面倒くさかったからサッカーの推薦で高校に入ったんですね。だから、部活がとにかく忙しくて。朝練から普通の部活まで、週5〜6日は練習してたんで」
 
■スポーツ推薦だから部活を疎かには出来なかった、と。
「まあ、ちゃらんぽらんだったとは思いますけど、KANDYTOWNになっていく連中と毎日ツルんでる、って感じではなくて。でも、レコーディングなんかは自分でやってましたけどね。フリースタイルでラップを始めた3日後ぐらいにはちゃんとリリックを書こうと思ってたし、高校生のときから、生意気にもMacBook Proを持ってたんですよね。GarageBandが付属しててマイクも内蔵されてたから、トラックだけあればレコーディングが出来たんです。それから、SOUTHPARKのメンバーの中に、親父がカラオケ・ボックスを経営してるヤツがいて、無理言ってワンコインで一晩中いさせてもらい、そこでレコーディングしたりしてて。取り敢えず、『録れる環境があるから録ってみよう』って感じでやってました。だから、最初はホントに遊びだったし、レコーディング技術みたいなことが分かったのは最近っすね(笑)」
 
■まずは、自己満足のためにやってた、と。
「KIKUMARUぐらいじゃないですか?ちゃんとイヴェントやったりバトルに出て、自分や自分の仲間を他の人に見せようとしてたのは。俺は『誰かに届けたい』みたいな気持ちがまったくなかったんで(笑)」
 
■そして、KANDYTOWNが動き出して、Gottz君も2015年にフリー・ダウンロード作品「Hell’s Kitchen」をリリースしますね。時期としてはKANDYTOWNが「KOLD TAPE」を14年11月に、15年1月に「BLAKK MOTEL」をリリースした直後になりますね。
「でも、その時期はKANDYTOWNとべったりツルんでるって感じでなかったんですよ。もちろん、仲は良かったんだけど、自分としては大学の同級生だった奴らとEdge of DEEPっていうクルーを作ったりしてて。だけど、大学を辞めると同時に、俺もそのクルーを抜けちゃったんですけどね」
 
■じゃあ、KANDYTOWNのメンバーがかなり参加しているけど、「Hell’s Kitchen」自体はKANDYTOWNの動きにそこまで紐付かせた意識はなかった、と。
「かもしれないですね。NeetzとはKIKUMARUのイヴェントで出会って、ビートをもらいに行ったら、『レコーディングも出来る』ってことで、それでプロデュースしてもらったんですよね。だから、KANDYTOWNの動きというよりも、『Neetzと俺で作った』という意識の方が強かったと思う」
 
■あのアルバムは、当時のKANDYTOWNに繋がる部分を感じる作品ですが、そのときにはTRAPで作ろうという気はなかった?
「あのときは、MIKIもNeetzも作るトラックがサンプリング重視だったし、自分自身もTRAPビートでラップをやろうと思ってなかったんで、『出来ないものだ』と思ってた、というのに近いのかな。それは、俺の技術的にも、世の中の空気的にも。だけど、自分のスキルも上がって、理想と現実のギャップが埋められるようになったと思うし、今回はそれが出来る自信があったんで、TRAPが今回のアルバムでは中心になって」
 

To Page topTo Page top