INTERVIEW:

KIKUMARU (KANDYTOWN)

 

 
■それはKANDYの仲間たちになると思いますが、そういった関係性がインスピレーション源になる部分が大きい?
「仲間の刺激は大きいですね。例えば、Ryohuがバンドをバックにワンマン・ライヴをWWWでやったとき(『Ryohu “Blur” Release Party』)は結構泣いたっすね。『コレ、ソロでやれちゃうの?』っていう規模だったし、内容としてもすごく良くて喰らいましたね。それもあって、今回のアルバムにはRyohuにエグゼクティヴ・プロデューサーとして制作に参加してもらって。RyohuはKANDYの中で音楽を一番知ってると思うんですよね。バンドもやってるし、ビートも作れてラップも歌も出来る、っていう意味でも“ミュージシャン”って感じがするんです。ひとつひとつの音に関しての判断も的確だし、俺の良いところも悪いところも知ってくれてる、信頼できる存在だから、今作の制作に入る前からエグゼクティヴ・プロデューサーとして参加してもらうことをオファーしてて」
 
■Ryohu君からは、作品に対するイメージ提示はありましたか?
「いや、トラックは俺が自分で集めたし、ラップも録った上で『OKだね』『こうした方がいいんじゃない?』っていう判断をしてもらった感じですね」
 
■つまり、二人三脚で作ったというよりは、俯瞰で見るようなアドヴァイザー的なアプローチだった、と。
「自分の良さを引き立ててくれた、って感じでしたね。曲順はMASATOに並べてもらって」
 
■それは、DJ的なセンスが欲しかったから?
「そうですね。大事なことはMASATOに相談することが多いんですよね。そういう風に、今回は『良くなればなんでもいい』と思ったんですよね」
 
■KANDYのメンバーも参加していますが、同時に外部からの客演も多いですね。
「このアルバムの前にKANDYのメンツを客演に迎えた『FOCUS』をリリースしてたんで、今回はそうじゃない方向でいいかな?って。それに、KANDYは外部の人間をあまり客演に入れないけど、俺は自分が影響を受けた人を呼びたいと思ったんですよね。だから、今回は最初はFEBBからビートをもらってた“March (feat. BES & L-VOKAL) ”から作り始めたんです。FEBBはKEIJUとかMIKIと仲が良かったし、ウチにも来たことがあって。それでビートもいくつかもらっていて。“March”はFEBBの生前に彼から買ってたトラックだったんですよね。“March”っていうタイトルは、彼がトラックに付けてた仮タイトルをそのままもらって。内容に関しては、FEBBが『KANDYってみんなポジティブでいいよな』って話をしてたことがあって。それで、彼の言ってたポジティヴな部分を形にしよう、と思いました」
 
■この曲は3拍子で構成されていますが、それはSCARSの“1 Step, 2 Step”とも通じる感触もあり、BESの参加も含めてそのオマージュという部分も感じました。
「このビートを聴いた瞬間に、やっぱり“1 Step,2 Step”が浮かんだんで、客演を迎えるならBESさんだな、って。BESさんを聴いて育ってる部分は確実にあるんで、あの感覚で作ろうとも思ったし、BESさんは住んでる場所が近くて。いきなりすれ違って、最初は挨拶しただけだったんだけど、次の日も会って。で、『3回目に会ったら連絡先を交換しよう』と思ってたら駅でまたバッタリ会って。だけど、お互いに急いでたんで『連絡先交換したいんですけど、絶対また会うと思うで、次お願いします!!』って(笑)。そしたら、その1週間後ぐらいにまた会ったんで、そこらで連絡先を交換したんです。L-VOKALさんも昔から好きだったし、自分が主催したイヴェントにも出てもらったことがあって。そのふたりが一緒になったら面白いんじゃないかな?って」
 
■トラック・メイカーではPxrxdigm from WONKの参加も興味深いですね。
「WONKのアルバムにはDIANが参加してたりするし同い歳なんで、現場で会うことが多いんですよね。それで『アルバム制作してるんでビートちょうだいよ』っていうノリでオファーした感じです」
 
■“Meant 2 Be”には唾奇が参加しています。
「BCDMG“Same As”(唾奇, IO & YOUNG JUJU)が出たぐらいの時期に知って、そのMVを撮りに沖縄に行ったときに俺も繋がったんです。同世代でKANDY以外のメンバーとやるんなら唾奇とQNかな、って思ったんですよね。QNはKANDYのメンバーを除くと一番付き合いが長いと思いますね」
 
■作品の中では「期限付きのlife」「限られたTimeは少ない」など、内容として時間に関するリリックが多いと感じました。
「危機感を感じてるっぽいですね。『ラッパーの期限』ってそんなに長くないと思ってるんですよ。ラップはバンドとかミュージシャンと違って60〜70歳になっても出来る音楽ではないと思うし、そう考えると『時間はそんなにないんじゃないかな』って。そういうのが意識としてあるかもしれない」
 
■ただ、スチャダラパーやRHYMESTERのような30年近いキャリアを持つラッパーもいますね。
「でも、全員が全員そうじゃないと思ってるんで」
 
■確かにレア・ケースではありますね。
Amebreak伊藤「KANDYの他のメンバーと話したときも似たようなことを言ってて、『ドライに考えてるな』と思ったことがあります」
「そういう話はメンバーとはしないけど、俺的にはそう思ってますね。ただ、DJも最近始めたんですけど、それは一生出来るかな、って感じますね」
 
■今作は「都市の夜」が通底するテーマとして浮かび上がりますが、それは「ON THE KORNER」からの流れを感じますね。
「昔から、というか、KANDYは夜に集まって曲を録って、朝が来たら解散、みたいなことが多かったんで、夜に対してのメッセージが多いと思うし、その影響もあると思いますね。それに、日本や東京は、やっぱり昼間よりも夜の方がカッコ良いと思うし、MVもそういう雰囲気になりますね」
 
■KIKUMARU君は制作/リリースのペースが早いので、次の作品も期間を置かずに聴けそうですね。
「遊びの中に曲作りがあるから、作るのが当たり前なんですよね。だから、リリースしてなくても曲は常に作ってるし自分の家でも録れるんで、制作のモチベーションって言われたら、それは“日常”ってとこですね。出来れば1年に1枚は出したいし、仲間からの刺激もあればまたそれが作品作りに繋がっていくと思います」
 
■やはり一番の刺激は仲間、と。
「そうですね。今回は結構韻を踏んでるんですけど、それはB.S.Cに『最近、韻甘いね』って言われて『いや、そんなことねえから!』ってところから始まってるんで(笑)。他のKANDYのラッパーはガチガチには韻を踏まないから、敢えて踏んでみたって部分もあるし、やっぱり仲間に言われことが一番食らうんですよね。褒められたら褒められたで嬉しいし、『ダメ』って言われたら『頑張ろう』と思うし。俺は仲間が一番カッコ良い存在だと思ってるから仲間が一番刺激を与えてくれるし、自分もその仲間ならカッコ良くないといけない、と思ってますね」
 
 

To Page topTo Page top