INTERVIEW:

DJ CHARI & DJ TATSUKI

「『クラブでかけられる日本語ラップをどんどん発信していきたい』というのが一番、というかそこですね。自分がクラブでかけたくなるような日本語ラップをどんどん作りたいんです」 -- DJ CHARI

charitatsuki_main
 「クラブでかかる日本語ラップ」というテーマは、当サイトの『年末座談会』でもしばしば取り上げられてきたトピックであり、90年代後半に渋谷HARLEMのような大箱のHIP HOPクラブが登場し始めた時期から現在に至るまで、多くのアーティスト/DJたちが試行錯誤しながら挑み続けてきた課題でもある。今となっては洋モノのHIP HOPが中心のクラブ・イヴェントでも、自然とDJプレイ中に日本語ラップのフロア・チューン/ヒット曲を織り交ぜる行為が浸透してきたが、それ以前は、日本語ラップ曲はクラブ・プレイにおいて一種の“飛び道具”のような使われ方をしていたと思う。
 
 そういった状況を打破するためには、「DJプレイで洋モノと混ぜてかけても違和感のない日本語ラップ」をアーティストが作る必要があるし、そうして作られた楽曲を積極的にクラブなどの現場でプロモートするDJの役割も重要だ。先日、1stアルバムとなる「THE FIRST」をリリースしたDJ CHARIとDJ TATSUKIは、楽曲制作/DJプレイを通しての普及という行為の両面で活動を展開してきたDJたちだ。
 
 昨年、“ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY”をヒットさせ、勢いに乗る中リリースされた「THE FIRST」は、「もっとクラブでかけられる日本語ラップを増やしたい」というCHARIとTATSUKIのピュアな想いが作品全体のコンセプトに直結しているアルバムだ。参加している客演陣も、前述したような課題を強く意識することなく自然と挑める若い才能からリリシストまで、ふたりの日本語ラップ・リテラシーの高さが感じられるラインナップだし、国産HIP HOPの“今”を知る上でも重要な作品のひとつなのは間違いない。
 
 
■ふたりとも、現在は東京を中心にクラブDJとして活動中ですけど、それぞれのHIP HOPとの出会いについて話して頂けますか?
DJ CHARI「俺は静岡・浜松が地元で、小学校まではずっとゲームばっかりしてたんですけど、中学生のときにやった『キングダムハーツ』の主題歌だった宇多田ヒカルの“光”を聴いて『マジで良い曲だ!』ってなってCDを買うようになって。その頃に浜崎あゆみの番組に出てたKICK THE CAN CREWを観てラップを知って、そこからですね。RIP SLYMEとかキングギドラとか、TSUTAYAのHIP HOPコーナーにある作品は全部借りて聴くようになって、そこから『ラップをしたい』って思うようになったんです。で、ラップのライヴを観てると絶対後ろにDJがいたから、『人前でラップするにはターンテーブルが必要だ』と思って高1で機材を買って、高2の夏で初めてライヴをやったんです。だけど、ほぼリリックが出てこなくて(笑)。緊張しちゃって、っていうのと、リリックが覚えられなかった(笑)。その後にやったライヴも同じようにリリックが出て来なくて、DJも同時進行でやってたから『ラップは辞めよう』と思ってDJになりました」
DJ TATSUKI「俺は中2のとき、DABOさんやニトロ関連とかを聴き出して。あと、俺とCHARIの世代は、中3のときにギドラの『最終兵器』が出るんですよ。映画『8マイル』もその頃に公開されて、全国の同い歳の人たちがみんな通ったような道を通りました。母親が音楽をやってた影響でバイオリンをやってたんだけど、この頃には完全にDJに興味が向いていて、DJ機材を買ったのが高2ぐらいの頃ですね」
 
■じゃあ、ふたりにとってのHIP HOPの入口は日本語ラップだったんですね。
DJ TATSUKI「そうですね。洋モノだと、NELLYとかJA RULEみたいにキャッチーなのが流行ってましたね」
DJ CHARI「DJをやってなかったら洋楽を聴いてなかったかもしれない」
 
■当時はまだ、日本語ラップ中心でDJプレイをするには、レコードの枚数的にも状況的にも難しかった時期だったと思いますし、必然的に洋モノもチェックするようになった、と。
DJ TATSUKI「CHARIとは高3の頃に友達になったんですけど、その頃はCDJとかでとにかく日本語ラップをかけようとしてました。レコードになってる日本語ラップは取り敢えず全部買ってましたね」
DJ CHARI「ターンテーブルを買ってからDJにのめり込んじゃって、進学校だったけどDJになりたかったから東京に出て来て、DJの専門学校の体験入学に行ってTATSUKIと出会ったんですよね(笑)」
DJ TATSUKI「CHARIはちゃんと卒業したんですけど、俺は半期で辞めちゃいました(笑)」
 
■最近は、数年前だと洋モノしかかけていなかったHIP HOP DJも積極的に日本語ラップをDJセットに織り交ぜるようになってきました。で、ふたりに関しては、クラブ・シーンがそういった流れになる前から日本語ラップを積極的にかけていたのを、僕は現場で見ていたから知っています。クラブDJ的視点から、何故このような流れになるまでここまで時間がかかったんだと思いますか?
DJ TATSUKI「やっぱりKOHHの登場が大きいと思いますね。彼以降、USの最先端と遜色がないというか、USの流行と近いビート感/フロウでやれる人が増えて、そういうことをやるのが日本のラッパーにとって当たり前になってきたというか。“ファッション・ミュージック”的な要素が増えてきたというのもあるかもしれないですね。良い意味で『洋楽と近いスタイルをやることがカッコ良い』っていう流れになってきた」
DJ CHARI「『クラブ・ミュージックとしての日本語ラップ』が多く出て来たのがデカイんじゃないですかね。リリックの内容も、パーティ・チューン的なモノが増えてきたし」
 
■でも、パーティ・チューンやクラブのフロアやUSメインストリームを意識した日本語ラップはKOHH以前からありましたよね?その頃の日本語ラップのアプローチと昨今の日本語ラップのアプローチはどう違うと思いますか?
DJ TATSUKI「以前は、日本語ラップをかけると『日本語の曲がかかった!』みたいな雰囲気になったというか。音の雰囲気 — 日本語ラップっぽいビート感やミックス感が強かったんですよね。今の曲の方が、すんなりと洋楽と混ぜてかけやすいというのはあると思う」
DJ CHARI「日本語ラップを聴く層とクラブに行く層って、昔は結構分かれていませんでした?最近は、クラブに行く層も日本語ラップを聴いてる印象がありますね」
 
■最近だと、洋モノ中心のHIP HOPイヴェントでも、日本語ラップがかかったときの方が盛り上がる、という光景も珍しくないですしね。
DJ CHARI「SIMONさんの“TEQUILA, GIN OR HENNY”もキッカケになった曲だと思いますね。KOHHもビート・ジャックとかよくやってたし」
DJ TATSUKI「その辺の功績はマジでデカイと思いますね」
 

To Page topTo Page top