INTERVIEW:

Zeus N’ LostFace

■今作は、フィーチャリング勢が豪華且つ面白い組み合わせの曲が多いので、客演陣についても伺いたく。まず、“Insomnia”に参加しているANARCHYとは初共演?
Zeus「初めてです」
LostFace「よく一緒にいるイメージっすよね(笑)」
 
■だから、初共演なのは意外ですね。
Zeus「コレも鬼頭さんからの提案で、『どう?』って言われて、断る理由なんてなかったです。自分も以前から一緒にやりたいとは思ってたけど、キッカケがなかったんですよね。(実際にレコーディングして)ANARCHY君はやっぱり場数を踏んでるというか、実力の差がすごい出たと思います。逆に、俺も『コレは負けてられない』って気持ちになれたんで、そういう意味でもやはり刺激的なアーティストなんだな、って改めて実感しました」
 
■“Insomnia”のそれぞれのヴァースでは、ふたりとも同じフレーズで始まりますよね。コレはZeus君のヴァースを踏まえてANARCHYが書いてきた?
Zeus「いや、逆ですね。ANARCHY君が俺より先に『(リリックが)降りてきた』って言ってきて、俺が別作業でスタジオに入ってるときに来てくれて、彼のヴァースを先に録ったんです。それを聴いて実力の差を感じたから、自分が書いてたヴァースもボツにして。自分も、歌詞が降りてこないと書けないタイプだし、考えて書いたとしてもANARCHY君が録ってくれたモノに対して応えるっていうスタートラインに立つことが出来ないな、って。だから、自分自身を結構追い込んだんですけど、最終的には風呂場で(リリックが)降りてきた感じですね(笑)。で、その次の日にレコーディングして」
 

■MVにもなった“Someday”ではIOとYOUNG JUJU、そして“トビダセ”ではDONY JOINTと、KANDYTOWN勢が3人参加しています。彼らは地元が世田谷という括りでいうならZeus君と共通しているとは思いますけど、彼らの地元である経堂・喜多見エリアと三茶は、同じ世田谷でもだいぶ雰囲気が違いますよね。あと、KANDYTOWNはZeus君から見ると下の世代でもあるし。
Zeus「自分の作品の前に、IOの“Feel My Minute feat. ZEUS”に参加させてもらってて、それの相性が良かった。あの曲はIOから誘ってもらってやったんですけど、俺にとっては新しい試みだったし、自分名義の作品をリリースしてなかった中、自分のフィーチャリング曲を聴いた上で彼に評価してもらって誘ってくれたというのはすごくありがたかった。だから、自分の作品でも参加してもらいたいと思ってたんですよ。YOUNG JUJUに関しては鬼頭さんのアイディアで、彼が参加してくれたことで俺にとって新しい感じに出来たと思います。自分自身、気持ちも私生活も変化があって新しい気持ちになってるから、『新しいことにチャレンジしてみたい』という想いがあったんです。そういう意味でもこの曲は面白い組み合わせになったな、って。DONY JOINTも、IO/YOUNG JUJUと繋がった流れでお願いして。俺が彼らと同年代くらいの頃にクルーをやってたときより、彼らの方が大人びてるというか、音に対しての打ち込み方が凄い」
LostFace「シビアなんだよね」
Zeus「シビア……流石です(笑)。彼らは表現方法が新しいと思うし、彼らと一緒にやれば自分も新しいことが出来るな、って思ったんですよね」
 
■“トビダセ”でDONY JOINTと共に参加しているSUIKENは、世代的にはZeus君より上のヴェテランだし、この組み合わせも興味深いですね。
Zeus「クラブとか、クラブに遊びに行ったときなんかもSUIKENさんとは絡みが多かったし、俺自身、SUIKENさんのラップが好きなんですよ。言ってる内容とかあのリズムの刻み方とか、俺の好みで。これも鬼頭さんのアイディアですね」
 
■Zeus君的には元々リスペクトしているアーティストで共演したくても、逆に恐縮してオファーしづらかったのを、鬼頭君が後押ししてくれた、という感じですかね?
Zeus「そうですね。自分がコンスタントにアルバムを出せてて動き回れてる人間だったらまた違うんでしょうけど。多分、俺とLostFace君で俺のソロ曲だけで作ったとしても、ここまで新しい雰囲気のモノになったと言い合えるような作品にはなってなかったと思います」
 
■“お前が泣けば、俺は笑うよ”では岡山から紅桜が参加しています。地元は違っても彼はZeus君が手掛けてきたコンピ「若き血」世代だし、旧知の仲ですよね。
Zeus「そうですね。初めて紅を見たのは、5〜6年前、彼の地元:津山だったんです。ライヴに呼んでもらったときに、彼はステージに作業着のまま上がってきて、そのインパクトと吐いてる言葉が強烈すぎた。で、話を訊いたら同い歳だって言うから、『モロ好みのアーティストを見つけてしまった』と。で、ライヴ後にメシをご馳走になったときに紅が俺の向かいに座ってて、今でもハッキリと覚えてるんですけど、紅が俺の方を見て『Zeus君、目がメチャクチャ真っ直ぐじゃなー』って言ってきて」
LostFace「言いそう(笑)」
 
■不意にそういう印象的な言葉、言う人ですよね。
Zeus「で、俺も『紅桜君も、だいぶ真っ直ぐだね』って返事して。俺の紅に対する想いや感情は、あのとき面と向かって何も偽らないで語ったときのまんまです。そこから『また連絡するわ。必ず一緒にやってもらいたいことがある』って言って『若き血』に誘ったんです」
 
■良い話!今作でのZeus君のラップに話を移すと、今作では“約束”という言葉がよく出てきたり、自分より先に旅立ってしまった人やいなくなってしまった仲間の存在を感じさせるヴァースが多いですよね。そういう部分を踏まえて思うのは、Zeus君のラップにはすごい「背負ってる感」があるというか。Zeus君自身のラップの言葉ヂカラだけじゃなく、そういった人たちの想いも背負ってるからこそ、Zeus君のラップはずっしり来るのかな、と感じました。
Zeus「あります、それは。自分の音楽は私生活だったり普段の日々が軸なんで、『普段の生活でいろんな人間に支えてもらっている』ということも歌ってます。俺は『自分だけでやってる』とは思えない。そういう考えが軸にあります」
 
■誰かとの“別れ”や、そこから生まれる寂しさというモノは、Zeus君がリリックを書く上で重要な要素?
Zeus「結局、誰かと出会っても別れはいつか絶対に来るじゃないですか。タイミングも別れ方もそれぞれだと思うけど。その別れに対して俺はこういう気持ちで、こういう想いがあるよ、っていうのを歌詞にしたりしてますよ。それは考えてやってることではなくて、自然とこういう感じになる。“約束”についても、この音楽を始めたときに『コレでやっていこうぜ』って約束を仲間としたんです。『約束は破るためにある』みたいな言葉ってあるじゃないですか。でも、自分がやり続ければその約束は守り通せると思うんですよ。やってもダメだったら『ゴメン、守れなかったわ』って正直に話せばいいと思います。自分のクルーは、最初は4人だったんですけど、そこから徐々に人数が増えていって、クルーが大きくなっていくにつれて俺らの夢もそれに比例して大きくなっていったんです。そのときにそういう約束をみんなでしたんですけど、自分の道を進んでいくメンバーも必然的に出てくるわけで、それに対しては『そんなのありえねぇ』とかは一切思わないですけど、俺はその“約束”を守るためにやり続けてるだけです。口約束ではあるけど、その約束を俺は守りたい。いつ、自分が転んでしまうかは分からないですけど、ここに立てている限りは続けていきたいな、って」
LostFace「“別れ”に関しては、俺もZeusも『離れていった』側ではないじゃないですか。だから、そこは俺も身に沁みますね。『あの人、いなくなったなー』とか、あるじゃないですか。でも、そういう感じはある意味、東京の感じに似合うかな、って思います」
 
■誰かと交差した後に別れていく感じは「Scramble」というタイトルにも通じますね。
Zeus「そうですね。後付けかもしれないですけど、やっぱり『いろんな人間に支えられてる』っていう意味で、いろんな人の気持ちが“交差”してこういう作品を出せたと思います。そこには感謝しかないし、それを糧に良い音楽を作ってお世話になってきた人たちに返せたらな、って。何でもないところで俺がギリギリのところを救ってもらった人がいっぱいいるんです。『このタイミングであの人がいなければ、多分俺、終わってたな』っていう人がいっぱいいる。その中でも恩を返しきれないままいなくなってしまった人もいるし、そういう人たちにも届くような作品を作りたい、っていう気持ちが以前より強くなってきました」
 
■LostFace君は、プロデューサー視点で今作のZeus君のラップはどんなところに魅力があると考えていますか?
LostFace「何より、そういう(感情的な)部分を抜きにしたら、ラップが“タイト”ですよね。だから、歌詞もカッコ良いけど日本語が分からなくてもカッコ良いと思えるんじゃないかな?って。フロウ重視で、歌詞はあまり関係ないっていう層も、HIP HOPファンの中にはいるじゃないですか。でも、そういう人でも聴けるラップだと思うし、歌詞重視の人でも聴けると思うから、そういう意味ではすごくバランスが取れてるな、って。実はそういう人ってあまりいないんじゃないの?って」
 
■今作を経て、ふたりは今後、どんな動きをしていきたいと考えていますか?
LostFace「いつ出るかは分からないですけど、RYUZO君のアルバムはほぼ完成してます。あとは、自分名義のインスト集を作りたいな、というのがあるぐらいですかね。この10年ぐらいの間、人に好かれるようなトラックを考えて作っていたんですけど、インスト集を作るにあたってはそうじゃなくてもいいんだ、って思うようになったら楽しくなってきて。だから、インスト集は自分の中ではちょっと極端な感じになるかもしれないですね」
Zeus「止まらないでいきたいな、って。せっかくこういう流れもあるんで、来年はアルバムを作ろうと思ってます。だけど、俺は急ぐとあまり良いことがないので、まずは今作を支えてきてもらった人たちに『良かったよ』って言ってもらえるように、あと、共感してくれる人の耳に入るように徐々に広めていければ、って思っています。活動の方はずっと続けていくというか、俺にとってはコレしかないんで、とにかくやっていきます」
 
 

To Page topTo Page top