INTERVIEW:

Minchanbaby

「『ミンちゃん』は売りに行ったし、もっと売れると思ったんですよね。その反動もあって、『ボケ!』というか、『せやったらこういう世界観でやったるわ!』というか。だから、暗黒面に落ちたんですよ」

minchanbaby_main
 MINTがアーティスト・ネームをMinchanbabyに変更し、その名義としては初、ソロ・アルバムとしては5年振りとなる「たぶん絶対」をリリース。「独特の世界観」と言うと非常に陳腐な表現になってしまうが、それでもこれまでのMINT/Minchanbabyの作品は、他のアーティストとはかなり異なった方向性や表現内容/構成を形にしてきた。今作も本文で語られている通り、Minchanbabyの中のダークサイドやメンヘラ(「心を病んでいる人」という意味のネット・スラング)的な部分が押し出され、決して聴いていて心が晴れるような作品ではない。しかし、そういったダークサイドを、いわゆるホラーコア的な凄惨な表現や、メンヘラ的な希死念慮を直接的に表現するのではなく、しっかりと“リリック”として構成し、“ラップ”として表現しているのが、このアルバムの強さであり、Minchanbabyのラッパーとしての存在性だろう。新たなユニットでの動きも含め、やはり目が離せない存在だ。
 
 
■恐らくツイ消しをされているようなので正確な引用が出来ないのですが、ミンちゃんは大意としては昨年3月10日(ミントの日)に「MINTとしての活動を終了させる」といったツイートをなされましたが、あのツイートの真意についてまず教えて下さい。
「まず、“引退宣言”はしてないんですよ。『MINTとしての活動を終了します』とは書いたし、どうとでも解釈できる内容だったから、それをどう受け取ってもらってもいいとも思ったし、恐らく皆さんはそれを“引退”という方向で読み取ったと思うんですけど、『ラップを辞める』『引退する』とは一切言ってないんやけどな〜 、って(笑)。ただ、予想以上に引退と捉える人がほとんどやったなと」

■僕もそう受け取ってしまいました。
「『言うてるだけやろ』という声もあったし、自分の予想としてはそっちが8〜9割やと思ったら、全然逆だったんですよね。曲もそうですけど、自分が投げたモノはどう捉えられてもしょうがないとも思ってるし、『いやいや、ちゃうよ』という弁解もせず」

■冗談が通じなかったという感じですか?
「ただ、悩んでたのは確かなんですよ」

■リリースとしてはMINT x HyperJuiceでの“We Hayai-Kei”や、粗悪興業からリリースされた「Fruity Dog?/?垂直落下式ブレーンバスター」などがありましたが、その数は多くはなかったですね。
「実際、制作自体が止まってたんですよね。もう2014年の頭ぐらいからは、粗悪さんのフル・プロデュースでアルバムを作ることが決まって制作にも入ってたんですけど、録りに使ってたスタジオが使えなくなったり、実生活でもいろいろあって、制作が出来なくなってた。だから、『このまま辞めようと思えば辞めれちゃうな』という感じもあったし、あの書き込みのタイミングは『辞める』まで最接近してしまってたというか。『書けなくなった』とか、そういうスランプ的なものではなく、『生きてる人間』としていろいろあって、ちょっと大変な時期だったんですよね。だから、あのツイートも100%冗談で言ったってわけではなくて、思うことはあった。そして、リリースが少なかったり露出もほとんどなかった時期だったんで、その言葉に余計に説得力が生まれてしまったのかな、って」

■その意味でも、アーティスト名をMINTからMinchanbabyに変えたのは、仕切り直しという意識ですか?
「そうですね。だけど、“活動終了”というツイートをした時点でも、既に今回のアルバムの曲が4曲は出来てたんで、このまま無駄になるのもイヤやし、別のスタジオもなんとか見つけられたんで、『じゃあ、やっていくかな』という意識と一緒に名前も変えて。気持ちとしては新人ぐらいの感じだし、OSで言うと小数点以下のマイナー・ヴァージョンではなくて、そもそもの構造から変わるようなヴァージョン・アップという感じですね。あと、今までMINTっていう名前が実はダサいと思ってて」

■急に(笑)!
「韻踏合組合のときはILLMINTって名前でやってて、それもダサいなってことでMINTにしたんですけど、“ミント”って言葉は、言ってて気持ちが良くないんですよね、音節の数として。だから、既にMinchanbabyって言ってたし、変えてもええかなって」

■今作が粗悪ビーツのフル・プロデュースになった経緯は?
「『Fruity Dog?/?垂直落下式ブレーンバスター』を制作したときから『これは相性が良いな』って思ってたんです。それで、『全曲プロデュースでやってもらえませんか?』とお願いして」

To Page topTo Page top