INTERVIEW:

餓鬼レンジャー

 

 
■アルバム・タイトル「キンキーキッズ」に込めたコンセプトについて教えて下さい。イントロのスキットではその“キンキーキッズ”たちが登場するところまでが描かれているのですが、それ以外で“キンキーキッズ”を連想させる要素がないので、どんな人たちなのかがまったく分かりません。
YOSHI「関西出身の二人組で、“硝子の少年”でデビューした人たちですね(笑)。ちゃんと説明すると、元々『変なアルバムにしよう』みたいなことを考えてて、“変態的”という部分でポチョが“キンキー”(kinky)という言葉を出してきて。間違ってKINKI KIDSファンが買わないかな?」
ポチョムキン「間違えようがないジャケだけどね」

■イントロから察する限り、ヒーロー/戦隊モノっぽいですけどね、キンキーキッズは。
ポチョムキン「ジャケのデザインもヒーローという体ではあります」

■餓鬼レンジャーというグループ名の時点で既に戦隊モノですけどね。
GP「確かに」

■確かに、って……。
GP「意外と僕ら、タイトルに関してはそんなに考えてないですね。前から『KIDS RETURN』とか『ラッキーボーイズ』とか、同じようなタイトルはあったし」
ポチョムキン「『変な人たちが変な曲作ってる』ということですよ」

■音源/ライヴはどう考えても変な人たちなんですけど、実際のところはどうだと思いますか?
ポチョムキン「曲作りもライヴも、マジメに取り組んでるだけなんですけどね」
GP「プライヴェートはみんな変でしょ」
ポチョムキン「そこを掘り下げだすと……」
GP「予測不能な人たちが集まってるんで。計算してやってるように見えるかもしれないけど、意外と全部、自然とこういう風になっていくんですよ」

■前作「祭事」では餓鬼レンジャー流のEDM=“GDM”を標榜したアッパーなサウンドが軸になっていましたし、今作でも“超越 feat. TwiGy & 呂布カルマ”辺りはその流れを継承していると思いますが、全体的には軽快なサウンドという印象です。
GP「前は確かに“GDM”というモノを意識してたし、そういうのも好きだけど、今回はちょっと違うかな?って。生音をもっと取り入れたかったから、そういうトラックは多いですね。心地良くて踊れる方が今回はいいな、って。EDMが苦手な人って、日本語ラップ・ファンには多いと思うんですよね。僕らはどんなビートでも乗りこなせるし、餓鬼レンジャー節にはなるんですけど、今回は変化球を見せたいな、と思いました。だから、ビート感は懐かしさがあるけど、鳴りは今っぽくして」
YOSHI「『KIDS RETURN』『祭事』を経て、得たモノ/失ったモノが両方あると思ったんですよね。EDMが流行っていたけど、そこまで行くと日本語ラップ・ファンは嫌うな、とか。今作は、日本語ラップなアルバムであり、現場で即戦力になるような曲を作るというのが大前提としてあった。例えば“いいっすね!”とか“シャッターチャンス”とか、アイディア出しの時点でその曲をライヴで演ったときのお客さんの絵が浮かんだ。元々、餓鬼レンジャーが持っていた要素をもう一度ブラッシュアップして、『餓鬼レンジャーが作る2017年版の日本語ラップ』として出したというような感じですね」
ポチョムキン「ダンス・ミュージック寄りになりすぎて、ワッショイワッショイ的なライヴが増えてきてたけど、もっとリリックを聴かせたり言葉遊びの面白さをダイレクトに伝えたかった」
YOSHI「『祭事』だと“MAD BOMBER feat. ANARCHY”の評判がすごく良くて、『アレだよ!』っていう話をすごい聞いたし、自分たちが気付いてないことを周りが教えてくれたというのもありますね」
ポチョムキン「あと、今回は外部トラック・メイカーの曲も5曲ぐらいあって、NAOtheLAIZAが2曲、SHIMI(BUZZER BEATS)が2曲、大阪のDJ雪成が1曲やってます」

■“NO PLAN B”でのポチョ君の「嫌ってる奴口臭そう/ほっといても5日後死ぬ雑魚」とか、なかなかのキラー・フレーズですよね。さっき話に出た「日本語ラップ的な」ということだと、ポチョ君はMCバトルに出ても強そうだな、って。
ポチョムキン「『AsONE』はYOSHI君と出て、一回戦は勝ったんですけどね。MEGA-Gとサ上には勝って、二回戦で輪入道/焚巻チームに負けた」

■大健闘ですね。
ポチョムキン「でも、二回戦で負けるようじゃあまり意味ないな、と反省しましたけど。僕はフリースタイルは全然得意じゃないですよ、やれと言われればやるぐらいなスタンスで。YOSHI君からは20年近く『ラッパーたる者、いつでもフリースタイル出来なきゃダメだZE!』っていうハラスメントを受け続けてきた」
DJ OSHOW「フリスタ・ハラスメント(笑)」
GP「さっきたまたまHIDADDYに会ったんだけど、こないだYOSHI君が女子高生相手にフリースタイルしてたって言ってたよ」
DJ OSHOW「女子高生!?」
YOSHI「そうそう。一二三屋に行ったらサイファーをやってる最中で。そしたら15歳の制服姿の女子高生から『このオッサン』とか言われて、そこでモードが変わってバトルになった」

■制服姿の女子高生に罵倒されたわけですね。
DJ OSHOW「もうプレイじゃん」
ポチョムキン「良いことづくめだな」
YOSHI「僕は先生っぽく『なんだその短いスカートは』みたいなことを言いましたけど」

■生活指導の教師的な。
YOSHI「『親御さんが泣くぞ』とか言いながらね。まあ、若い娘から罵倒されるという悦びはありましたね」

 
■MCバトルと言えば強豪バトルMCでもある呂布カルマとレジェンド:TwiGyが参加した“超越”は面白い組み合わせのマイク・リレーですね。
ポチョムキン「“超越”というテーマだとしっくり来るふたりだったんですよね。あと、『世代を“超越”する』という意味もあるし。アウトサイダー的なスタンスの人たちという意味では餓鬼レンジャーにも通じるふたりだと思った。『餓鬼レンジャーは“王道”ではないな』という自覚があるんで、そういうニュアンスが伝わるマイク・リレーになればいいな、というのもありました」
YOSHI「マイク・リレー物をやる以上は、ありそうでなかった組み合わせでやりたかったんですよね。ポチョムキンとTwiGyさんのマイク・リレーとか、いち日本語ラップ・ファンとして聴いてみたかったし。人選的にも間違いないし、各々が違うスキルを見せている感じがすごいカッコ良い」

 
■“Miss PenPen”は、映画『獣道』の主題歌で、主演の伊藤沙莉もラップで参加しています。映画/主題歌に関する記事を拝見したら、監督さんも伊藤さんも曲と映画のマッチ具合にすごく満足しているようです。
ポチョムキン「“Miss PenPen”自体は、元々餓鬼レンジャーのみで作っていたんですよね。で、伊藤沙莉ちゃんのパートは、主題歌用に映画の登場人物の目線で書いてカスタマイズした。だから、元々は2ヴァージョンあったっていう感じですね」

■映画の話から無理やりこじつけるようですが、今作ではスキットが何個も収録されていて、どれもかなり力の入った演技振りですね。以前と比べるとHIP HOP作品でスキットが聴ける機会も減ってきた気がしますが。
GP「いつの間にかスキットに拘り出すようになりましたね。今作は、一応全曲分スキットがあったんですよ」

■全曲!?
GP「何曲か削っていった結果、この数になったんですけど。今回はスキット用に作家さんも入れて」

■作家まで入れたんですか。
ポチョムキン「須藤君っていう、サンドウィッチマンのラジオとかで作家をやってる人なんですけど」

■しかもプロ!
ポチョムキン「HIP HOPが大好きな人で、一緒に呑んでるときにオファーしたら受けてくれた。全曲のデモを渡して、そこに繋がる台本を書いてくれたんです。で、それをメンバーが言いやすいようにアレンジして録りました。『KIDS RETURN』の頃よりプロが入ったことで一層面白いモノになったと思います」
DJ OSHOW「だから、レコーディングの合間にお遊び感覚で録るとかじゃなくて、ちゃんと曲の前フリとして機能するスキットになってる。作家さんも、元々は深夜ラジオのネタ職人みたいな人だったから『内向的な笑い』という部分でもビッタリ合った」
ポチョムキン「アルバムに入れなかったスキットは、特典で聴けます」

■じゃあ、マニアは特典のスキットも加えて全曲スキット有りのプレイリストを作れますね。
ポチョムキン「あー、確かに。それやってほしいな」
DJ OSHOW「時代の流れに逆行するかもしれないけど、やっぱりアルバムとして聴いてほしいという想いもあるんで」
GP「スキットを大事にする=アルバムとしての楽しさを伝えたいというのがあるからですね」

To Page topTo Page top