INTERVIEW:

MONYPETZJNKMN

 

 
■この3人でもYENTOWNとしてでもいいのですが、自分たち的に「お、風向きが変わったきたな?」と感じるようになったターニング・ポイントとなった曲や出来事はありますか?
PETZ「ライヴしたときにお客さんが一体になって、飛び跳ねたりしてるのを見ると、『ちょっとずつ俺らの曲を聴いてくれてる人が増えてるなー』っていう実感はありますね」
JUNKMAN「でも、そういう感じは最初の頃からあったよね。ある程度、それぞれラップどうこうじゃない部分でのファンが結構いたと思うんすよね。だから、初めてライヴしたときから相当盛り上がってた。『YENJAMIN』(YENTOWNのパーティ)とか、自分たちのことを好きなヤツらしかいないパーティでライヴしてたから、盛り上がって当たり前なんだけど(笑)」

■渋谷SOCIAL CLUB TOKYOでやってたパーティですよね。あのパーティの存在はYENTOWNにとって大きかった?
PETZ「そうっすね」
JUNKMAN「当時、メンバーがいすぎてみんなが集まる機会がなかなかなくて。一個イヴェントがあればみんな集まりやすいし、そういう感じで始めたイヴェントなんですよ。YENTOWNにはラッパーもDJも多いし、VJとかもいるから表現者が多い。そのみんなが協力して作るイヴェント」

 
■曲/作品という意味でターニング・ポイントになったモノは?
MonyHorse“MIRAGE”は結構ウケ良かったっすね。『こういう曲も出来るのか』みたいな」
JUNKMAN「アレは『下』(収録曲)か。今回のアルバムだと“ZUTTO”がアルバム制作前から出来てた曲なんですけど、あの曲とかは普段と違うトピックだったから、それでちょっと反応が変わったかな?っていうのはあるっす。けど、全体的に(変化が)ジワジワすぎて俺もあんま分からないんすよね。そういうことより、アルバム出したことによってインタビューとかメッチャ受けるんで、そういうことで実感しますね。『こういう風に俺らの情報が欲しい人がいるんだな』って。クラブでの温度は変わってないけど、それ以外の部分で感じる」

FNMNLのインタビューを拝見したんですけど、最近はあまりクラブには行かないんですよね?以前はクラブでよく会った記憶があるんですけど。
PETZ「前はよく行ってたっすね」
JUNKMAN「俺はその頃、渋谷の円山町に住んでたんで。あの頃は『HARLEMに家賃払おうかな』ぐらいな感じまでいきましたね」

■「パーティ疲れ」みたいな感じですか?
JUNKMAN「いや、そんなことはないんすけど、単純に遊ぶとカネもかかりますしね。あと、ちょっと飽きたのかな、って」
MonyHorse「自分の家で好きな曲聴いてた方がいいかな、って」
PETZ「パーティも、最近は正直あまり良いのがないって感じになってきてて」
JUNKMAN「YENTOWNのメンバーが出てるイヴェントに顔出したりはするんですけど、最近はそれぐらいっすね」
PETZ「あと、ライヴが増えたというのもあって、『クラブに行くとき=ライヴしに行くとき』っていう感覚なんですかね」
JUNKMAN「あと、それぞれ嫁/彼女もいるんで、ハシャギ過ぎたら気まずい」

■今、PETZ君が言ってましたけど、元々夜遊びをいっぱいしてたタイプの3人にとって、何故最近の東京のパーティが面白くないと感じるんですかね?
PETZ「結局、大御所の人たちが居座っちゃってるというか。もっと若いヤツらをフックアップしないとダメなのに、それをしないから、それで停滞しちゃってるってだけだと思います」
JUNKMAN「逆に、小さいハコのイヴェントはメッチャ良いよね。若いヤツらがやってるような。まあ、デカいハコは商売的にもそうしなくちゃいけない部分があるからしょうがない部分もあると思うけど。YENTOWNだとkZm周りのyouthquakeってヤツらがやってるイヴェントとか面白いですね」
PETZ「youthquakeは、空間プロデュースしたりイヴェントやったり洋服作ったりしてる、そういうクリエイター集団ですね。HIP HOPって基本、若いヤツらが盛り上げていくモノだと思うし、少しずつそういう流れにはなってきてると思うんですけど」
JUNKMAN「池袋bedが熱くない?今」
PETZ「新譜かかるしね。bedだと『#BLOCK』っていうのが一番熱いっすね」
JUNKMAN「アレ、一番ヤバイね。一番ヤバイっていうか、俺らが一番好き、みたいな(笑)。TRAP祭りみたいな感じなんすけど」
MonyHorse「俺らもライヴしたことあるんです。モッシュとかも起きるし、イカれてるヤツらが多い(笑)」

■クラブでいろんなラッパーが出る中やるライヴって、誰目当てのお客さんか分かりづらいじゃないですか。でも、YENTOWN勢のライヴは「この人たちはYENTOWN目当てだな」というのが分かるお客さんが多いですよね。見た目から分かるというのもあるかもしれないけど、彼らのライヴでの盛り上がり方からそれが伝わるし、その感じがすごくいいな、って前から思ってたんです。自分たちが持ってる客層についてはどう感じる?
JUNKMAN「いろいろいるっすね」
PETZ「若い子は多いかもしれないですね。それはそれで嬉しい」
JUNKMAN「でも、地方の怖めなOGみたいな人が気に入ってくれたりとかするし、いろいろいるな、って」

■YENTOWNやkiLLaって、やはり“次世代”とか“新しい”という括りで紹介されることが多いじゃないですか。
JUNKMAN「言われますね」

■実際、ここ数年一気に浮上した人たちだし、音楽や集ってる人たちからも次世代的な要素は感じられるんだけど、実際はすごい堅実に活動してきた結果、今がある感じですよね。
JUNKMAN「俺らはHIP HOPに対してはスゲェ真面目っすよ。クラシックな感じでは考えてると思います」

■そこは見過ごしちゃいけないポイントですよね。
JUNKMAN「俺らのHIP HOPマナーに気付いてくれてありがとうございます(笑)」

■(笑)でも、堅実にアンダーグラウンド・レヴェルで活動して知名度を上げてここまで持ってきたという意味では、すごく昔っぽい上がり方をしている気がしてたんです。「自分たちをブロウ・アップさせる」という点で、何か戦略とか考えたことはありますか?
JUNKMAN「『誰もやってない、新しいことをやればいい』って感じですかね。俺らがそれぞれ食らったモノを俺らなりに吐き出すときに、何かっぽくならないようにしよう、って。新しさとHIP HOPマナーの両面で考えてはいるっすね」
PETZ「でも、戦略みたいのは特にないかもしれないですね」
JUNKMAN「『MV出したら反応あるだろうな』ぐらいは思ってますけどね。でも、やり方に関しては他とそんな変わらないつもりではいるっすね」

■では、何が自分たちを他とは違う風に押し上げたんだと思いますか?
JUNKMAN「みんながスゲェ推してくれるというか、応援してくれるからですかね。そう訊かれるとあまり分からないんですけど。俺らのイメージはただのラップ・グループというより — YENTOWNという括りになると、YENTOWNの他のヤツらがオシャレなことをしてたら俺らにもそのイメージが付くじゃないですか。そういう意味で、みんな個々でいろんなことをやってるから、そのイメージのおかげで……」
PETZ「良く見えてる」
JUNKMAN「相乗効果、みたいな」

To Page topTo Page top