INTERVIEW:

SKY-HI

■“HOW MUCH??”でも歌ってるように、SNSなどによって承認の形が、自己承認よりも他者承認の方に承認欲求のウェイトが置かれている場合が増えてるようにも感じるし、“いいね!”やFAVの数で、数値的に承認「らしきもの」を確認することが出来ると、その欲求はエスカレートするよね。
「それを止めろっていうんじゃなくて、人からも求められることも重要だけど、その前にまずは鏡の中に愛さなきゃいけない人がいるんじゃない?って。その気付きの後押しをしたかったし、自己肯定することを手伝いたかった。そして、今回は僕の歌が自己肯定を経て『リスナーその人の歌』になったときに、自分を愛することが出来る効果が起きると思うし、それが出来たときに、このアルバムは完成するのかなって」

■今回はプロットの重要度は前作よりも抑えられて、曲ごとの繋がりや構造を意識しなくても、作品がスムーズに理解できる作品になってると思う。
「それは大事にしましたね。『カタルシス』で評価が広がって、もっと多くの人に聴かれるチャンスだから、今回は僕のインタビューやツイートを読まないような人、たまたまレコード屋や配信で『OLIVE』を聴いてくれた人に、なんとなくでも『良い曲だね』って感じてもらえるモノにしたいと思ったし、その必要があると。もっと言うと『カタルシス』は、『こういう作品を作ってるんです!』ってメッセージを誇示したかった部分があったし、それを理解してもらうために“説明”をする必要もあって」

■その伝で言えば「カタルシス」も、もちろんリスナーに対して扉を開いてたけど、そこをちゃんと通るためにはコツが必要だったから、そのコツをSKY-HI君が説明する必要があったと。だけど、今回に勝手に扉が開くぐらい、開かれてると思う。
「鉄の門戸を自動ドアに作り変えたぐらいだと思う(笑)。だから今回もコンセプトはあるけど、それを敢えて謳ってはいないんですよ。全てを肯定するつもりで“LOVE”を与えるつもりなのに、一見さんがが入りづらい、選民的な構造になっちゃうと……」

■それは宗教だからね。
「そうそう。だから、誰しもに届くモノにしたいと思って。でも、扉は開きやすいけど、奥をもっと深くして『カタルシス』以上に奥行きを作ったつもりですね」

■今回の“肯定”の形は、何かを実現したから認める、達成できたから評価するといった「条件を付加した上での肯定」ではなくて、全面的に肯定するという「無条件の肯定」だよね。
「『ふざけんなよ』『勘弁してくよ』『やんなっちゃうよ』……そう思うことも多いけど、『でも、しょうがないか』っていうことを言いたかったんですよね」

■その「しょうがない」は諦念だったりペシミスティックな形 — 奴隷的とも言えるような — ではなくて、「まずは肯定するところから始めよう」という前向きな形だよね。
「“自分自身”って一口に言っても、その中にはいろんな自分がいて。誰かと同級生としての自分、家族の中の自分、バイト先での自分、生徒としての自分、誰にも見せない自分……って、いろんな自分がいるし、そこには逞しかったり優しいような、好きになれる自分もいれば、卑怯だったりズルい、全然好きになれない自分もいる。だから、その全部を愛するのは難しい。だけど、そうやって嫌いな自分を置き去りにして、好きな自分だけ愛すると、置き去りにされた嫌いな自分が可哀想じゃないですか」

■自分自身を引き裂くことになると思うし、そうやって選別することが、自分に対する評価や承認を下げるキッカケにもなるよね。
「だから、いろんな自分がいるのは『しょうがない』から、それも愛して一緒に進んでいくっていうのが、今回の大きなテーマなんですよね」

■弱い自分を捨てようじゃなくて、それも認めて、「しょうがない」から一緒に行こうっていう。
「そうやって自分を認めて、その上で自分の隣にいる人を愛することが出来たら、それは世界平和と同じぐらい尊いと思うんですよね」

■ただ一方で、「嫌な自分を捨てる」「昨日までの嫌いな自分にサヨナラ」というのが、特に自己啓発的なJ-POPのテーゼのひとつにあると思う。
「そういうJ-POPって、2010年頃までの歌詞だと思うんですよ。そういう歌詞は既に時代と乖離してると思うし、俺が今の時代に必要だと思うメッセージ、ポップスとして機能する言葉は、『認めよう』だったり『受け止めよう』だと思うし、それを胸張って言うことが必要なのかなって」

■その「しょうがない」というメッセージは何故必要だと思ったの?
「メッキが剥げちゃうから。昔のJ-POPの歌詞は、現実逃避の役割があったと思うんですよね。夢を作ってたというか。でも、ディズニーだって今はきらびやかな夢を見せるだけじゃないじゃないですか」

■作品としてのメッセージも、王子様が助けてくれる『白雪姫』から、現実を受け入れて自立する『アナと雪の女王』になるわけで。
「そういうことだと思うんですよね。現実において『夢を見せる』ことの“弱さ”が露呈してきてるし、夢を見せることにリアリティがないのかなって」

■過剰な夢や高い理想を提示してるのは、情報商材とか雑誌の広告にある夢が叶うブレスレットぐらいのもんだよね。確かに。
Amebreak伊藤「世の中がファンタジーを突き通しきれないんだよな、既に」
「やっぱり今は裏側が透けて見える時代だし、自分が思ってもないことは歌えない。でも、J-POPの中では『いまだにこれ!?』っていう表現があるんですよ。いまだに『君がいないサレンダーナイト?』『抱きしめてホールド・ミー・タイト?』って(笑)。それはAAAでJ-POPの最前線にいるからこそ感じることで。前に『J-POP翼広げすぎ問題』とかって言われてたけど、今はもう『J-POP翼広げすぎ』ってディスること自体が陳腐じゃないですか」

■「HIP HOPは親に感謝しすぎ」ぐらい陳腐だよね。
「そういう陳腐さを嫌ってほど感じてるからこそ、王道でありながら、リアリズムで貫かれたメッセージをちゃんと出したかった。そして、リアルだからこそ『聴いてるときは全てを忘れられる』じゃなくて、『聴いたおかげで何かが起きてもそれを受け入れられる』ような作用をさせないと意味がないなって。そして、自分をちゃんと愛した上で現実を見つめてみたら、夢よりも現実の方が希望に溢れてるってことを伝えたかったんですよね。だから、これだけ世の中、嫌なことがいっぱいあるのに、それでも夢の中より現実の方が歓びがあるってメッセージを書いている“ナナイロホリデー”で『OLIVE』を終えようと思ったんです」

To Page topTo Page top