INTERVIEW:

CHICO CARLITO

■1stアルバムの計画は、昨年のUMBで優勝する/しないに関わらず、今年出そうと思っていた?
「タイトル曲“CARLITO’S WAY”で『深い愛に包まれた今の俺/あるべき姿確認したMOMENT/2015年11月某日の午前4時寒空の下で』っていうラインがあるんですけど、ここが1stアルバムを出すって決めた時なんですよ。この時点では、TENGGがUMB埼玉予選で優勝してて、俺は『ダンジョン』に出たけど『制作も全然してないし、どうしたいの?』みたいなタイミングだったんです。俺は沖縄予選で一回戦負けしてて、落ち込んでたんですよね。11月のその日に、TENGGたちと打ち合わせして草加に帰ってたら、TK君から『まだ話せる?』って連絡があって、彼らと草加で朝までずっと話したんです。そこで、『今のCHICOの状況を踏まえて、何を出したい/どうしたいのか教えてくれ』って言われたんです。ちょうどその頃、『アルバム出すんだったら手伝うよ』って言ってくれてるところもあったんですけど、俺がこっちに出て来てずっと一緒にやってきたのはTK君たちなんですよ。だから、『TK君たちのレーベルから出します。よろしくお願いします』って伝えて。その瞬間から、自分の中でモヤモヤしていたモノがフッと下りて、これ以降のMCバトルで勝ちまくったんですよ(笑)。『THE罵倒REVENGE』『UMB REVENGE』『戦極MC BATTLE』、全部好成績で、最後にUMBの全国を獲って、『あ、マジでアルバム出せる』ってなって」

■アルバムの“設計図”は、どういう風に固めていった?
「11月にTK君たちと話した数日後に、TK君から『アルバムのイメージ、持って来て』って言われて、アルバムの具体的なイメージ/流れを全部紙に書いて。そうしたら『コレでいこう』ってなったんで、そのときからアルバムの構成はほぼ変わってないですね。『ここまでは沖縄にいたときの話で、ここからが東京の方に出て来て、ここからが腹を括ってみんなと上がっていくっていう曲で……』みたいに、ごく普通に、なるべくしてこういう流れになりましたね。だって、1stアルバム(の客演)にKEN THE 390さんとかR君とかDOTAMAさんが参加してたりとか、俺からしたら『全然意味分かんねぇ』って感じですもん。まずは沖縄のヤツらと埼玉に出て来てから出会ったヤツらと一緒に演るべきでしょ、って。俺がバトル/フリースタイルについての曲を作るなんて、想像の範囲内じゃないですか。それは裏切ってナンボだと思うんで。バトルに出てた俺を既に知ってるのに、曲でもバトルについてとか、ダルいじゃないですか(笑)。『バトルに出てるからバトルについての曲を書かなきゃいけない』っていうのは一切必要ないと思いますからね」

■確かに、MCバトル/フリースタイルっていう括りから見なくても勝負できるラッパーだということは、今作で証明できていると思う。
「もちろん、日本一になったときは嬉しかったですけどね。でも、嬉しかった一方、『……それで?』っていう感じもしましたね」

■“RH-”では「てっぺん見ても何もなかった」ってラップしてるよね。
「俺、賞金100万円を手渡しで束でもらったんですけど、俺が思ってるより薄くて、『あ、こんなモン?』って思っちゃったんですよね。賞金もらった後も、そのまま草加に戻ってみんなで乾杯したりしたんですけど、『あ、結局この面々とやってきたことは間違いなかったし、この関係性は変わらないんだな』って思ったんです」

■地元:沖縄・那覇をレペゼンするという姿勢が強く出ているアルバムだと感じて。埼玉で一緒にやってきた面々を除くと、客演している面々はみんな沖縄/沖縄出身のMCたちだよね。“沖縄”という要素を打ち出すというのはやはり重要だった?
「だいぶ重要だったっすね。自分が沖縄について何も歌わないラッパーになるっていうイメージが浮かばないし、そういう要素がないまま2nd〜3rdアルバムとかで『俺がレペゼンするのは沖縄』って歌ってても意味が分からないじゃないですか。まあ、青臭いし若いですけど、この気持ちが自分の等身大だと思う。このアルバムで参加してくれてる沖縄の人たちは、唾奇も含む俺らの若い世代にとって本当に“フッド・スター”なんです。フロアから観てた人たちに俺らがやってきたことを認められて、一緒に酒を飲んで、それでガッツリ曲やMV作って……それを1stアルバムでやったっていうことは、俺が思うカッコ良いことの全てじゃないかな?って思いますけどね」

■沖縄というと、基地問題のようなトピックがフォーカスされることが多いけど、“沖縄人”としてのCHICO君はそういった状況についてどう考えている?
「俺にとって沖縄は『生まれるべくして生まれた場所』って感じですね。外国人だったおじいの血も『島の血』だし。米軍とかも、みんな普通の光景として見ている。もちろん、事件とかあったら流石に意識しますけど、そういうとき以外ではあまり意識してこなかったです。特に軍用機の音とかはマジで意識してこなかったから、こっちから沖縄に帰ってきたら、『こんな音デカかったんだ!?』ってなる。まあ、俺は那覇だからっていうのもあるから、嘉手納とか普天間だともっとうるさいんだと思います。当たり前に基地があって、当たり前に地元があって先輩がいて……俺にとって、それが『普通の沖縄』だから、今更『何でなんだろう?』みたいにはならないです。もちろん、基地に関しては色々意見はありますけど、俺は基地がない時代を知らない。だから、シンプルな気持ちで『基地がない海は見てみたいな』とは思いますね。おばあたちが若い頃は見えてたのに、今は見えてない海がどんな感じか見てみたいな、って思ったりはしますね。まあ、当分無理でしょうけど」

■沖縄にはいずれ戻ろうと思っている?
「それは絶対に帰ります。すぐに帰るかは分からないですけど、将来的には絶対帰ります」

■沖縄に戻っても、ラップは続けるでしょ?
「そうですね……どうなるのかな。まあ、言いたいことがある内はラップはずっとしてたいですね」

■今後のヴィジョンというか、ラッパーとしての成功願望みたいのは?
「ひとつ、1stアルバムの売り上げで絶対したいことがあるんです。俺らの世代でデカいイヴェントを一発やりたいんですよ。俺らの世代、結構最強だと思いますよ。2個上にはR-指定やJinmenusagi、唾奇たちがいるし、タメにはKID FRESINOやRyugo Ishidaとかもいる。2個下にはBAD HOPの面々とかもいる。なんか、出来そうだなって思うから、俺のアルバムの売り上げでみんなを呼んでやりたい。多分みんな、『集まってやろうぜ』って声かけるようなキャラじゃないと思うから、それが出来るのは俺なのかな、って。でも、変に“ユニティ”って感じのイヴェントじゃなくてもいいって思ってる。そういう変な感じじゃなくて、例えば、上の世代がやってるイヴェントに行くと、当然その世代の人たちがライヴをやって盛り上げてる。同じことを、今の俺ら世代がやって盛り上げることが出来るのか。『さんピンCAMP 20』のニトロみたいに、20年後集まって盛り上げることが出来るのか。一回、大きいパーティをやって、その何年後にまたやる、っていうのを俺はやってみたいんですよ。同世代でまだ会ったことがない人もいっぱいいるし、簡単なことではないと思いますけど、俺もアルバム出して『やっとみんなと並べた』ぐらいのテンションで年代の近い各地のイケてるやつらとやれたらいいな、って。今の目標としては、そういうのがありますね」

To Page topTo Page top