INTERVIEW:

MACKA-CHIN

 
■つまり、予想と結果が結びつかないような想像を超える音楽、引っかかりのある音楽が欲しいということですか?
「DJやトラック・メイカーとして、色んな音楽を探したり掘ったりしてるとそうなるし、結果、変なモノしか興味がなくなってるのかもしれないね。人が知らないモノが面白かったりするし、それを見つけて『これ面白くない?』って提示したい気持ちもある。人が喜んでくれるモノが好きだしさ。それは、元々の気質もあると思うし、そういう人なんだろうね。それに、俺がDJで呼ばれたりするのも、ゴリゴリのHIP HOPイヴェントではほとんどもうない。それに『HIP HOPの人』っていうレッテルがストレスでもあって。4つ打ちとかワールド・ミュージック、歌謡曲のイヴェントだったり、そういうのを掘ってる人間ともツルむ機会が多くなってるし、そういう状況だから『ラッパーっすよね?』みたいに、HIP HOPの人ってカテゴライズされると、自分の活動にすごく負荷がかかるんだ。それに、特定のジャンルだけのイヴェントだったり、特定の人だけ集まってるイヴェントって、みんなで手コキしあって『最高っすね〜』ってお互いに言ってるように感じるんだよね。みんなで褒め合って終わりみたいな。そういう全体主義みたいな感じは、俺にはちょっと合わない。だって、ニトロの1stはそうだったでしょ」
 

 
■確かに、歪で異物感をバリバリ感じますね、それは今聴いても。話は今作に移りますが、GRUNTERZプロデュースの「incompleteness theorem」、アンビエント作品となった「静かな月と夜」に続く今作は、MACKA-CHINさんがプロデュースし、客演とMACKA-CHINさんのラップが乗る構成になりましたね。
「最初は、プロデュースだけでラップはしないつもりだったんだよ。だけど、ラップ・アルバムだった『incompleteness theorem』からは2年経ってるし、アンビエント・アルバムではラップしてないから、言いたいことも少しは溜まってきたかなって。それに、術ノ穴やP-VINEも俺のラップが聴きたいって言ってくれて。でも、正直言うと、俺は自分のラップが嫌いなの」
 
■そうなんですか?
「自分の声を録音して、それを再生したときの違和感ってあるでしょ?それがいまだに払拭できない。声が嫌いとかじゃなくて、複雑な気持ちになるんだよね。それに、俺以上にラップが上手い人はいっぱいいるから、それを聴くと『すみません!』ってなる(笑)。だから、自分のラップにコンプレックスがあるし、ラップに関してはテンションが低い。ニトロもちゃんと小節数を計算したら、俺とGORE TEXは短いと思う(笑)。だから、今回も最初はプロデュースだけ、って考えてたんだけど、“男と女の純喫茶 feat. HAZY”は、今まで女の子と一緒に作ったことがないから、女の子とラップ・セッションしたらどうなるんだろうな、とか、“ズラカル feat. TOKYO HEALTH CLUB”はTHCが一緒にラップをしてほしいって言ってくれて、『切ない気持ちのゴミ捨て場』ってリリックも持って来たから、じゃあその扉を開けましょうか、って。だから、自分にとってチャレンジになったり、客演側からオーダーをもらったりしたときには入ろうと思ってたんだけど、基本的にはトラックに専念しようと思ってた。だけど、制作の後半に『もっとMACKA-CHINのラップを聴きたい』って言われたんで、ちょっとやってみようかな〜って。だから、まず客演モノを全部録り終わってから、後半で自分のラップ曲を録ったのかな。“アスファルト原人”とか」
 
■あの異様さは後半で生まれたんですね(笑)。今回はHAZYやTHC、MC恋してるのような、いわゆるHIP HOPシーンからはアウトサイダーと「捉えられがち」な人たちの参加も印象に残りました。
「でも、俺の中では一番のラップの王道をやってる子たちって感じなんだよね。例えば、今回は入ってないけど、Y.I.Mは『根菜食べた〜い』(“konsai”)とかラップしてて『な、何言ってんのこの子たち!』って感じだけど、BEASTIE BOYSとかDE LA SOULを聴いたときの衝撃と似たモノを感じたんだよ。『こんなくだらないことでも歌詞にしていいの?』もそうだし、『HIP HOPってこんなことまで歌詞に出来るの?』っていう。その感じは、HAZYやTHC、MC恋してるにも繋がってると思うんだよね。しかも、韻もちゃんと踏んでるじゃん」
 
■彼らは「ゆるい」とか「HIP HOPじゃない」とか言われがちだけど、ラップのルールや構造、ラップならではの表現力に惹かれてラップを始めてるから、HIP HOPの構造に対してコンシャスなんですよね。
「『韻を踏まないと、甘いと恥ずかしいです』って言うんだよね。『それがないと朗読してるようになっちゃうし、韻を踏むっていう前提があるからこそ、言語ゲーム感覚で向き合えてます』って。だから、(精神論的に)『HIP HOPだぜ!』って言ってる人の方が、雑な場合が多いよ。言葉の出し方も、いわゆるHIP HOP的ではなかったり、人と違ったりするから、そこも面白いんだよね。だから、MURO君が俺らを発掘してくれたように、俺もKODPイズムで、音楽として面白い子たちをフックアップしようって。それに、ファンなんだよね、俺が彼らに対して。それは今回アルバムに参加してくれてる人は全部そう。そういう俺がファンな人を集めたアルバムになったと思う」
 

To Page topTo Page top