INTERVIEW:

CAMPANELLA

「『VIVID』を出してから、大きくは変わってないですけど、多少はラップが中心の生活になっていって、『VIVID』の頃ももちろん“ラッパー”なんですけど、今の方がより“ラッパー”だと言える。そこの変化が大きいんじゃないかな。よりラッパーに近くなったから、言い回しや作風に変化が出て来たんじゃないですかね」

campanella_main
 
 ここ数年、東海地方を代表するラップ巧者としてそのプロップスを確かなものとしてきたCAMPANELLA。2014年に1stアルバム「VIVID」をリリースして以降、その評価を確かなものとしてきたが、約2年半の時を経て、ついに新作「PEASTA」が産み落とされた。
 
 プロデューサー/客演陣の豪華なクレジットも手伝い、勢いの強さが作品からも伝わってきた前作「VIVID」に対し、今作「PEASTA」は彼の盟友であるふたりのトラック・メイカー:RAMZA/Free Babyroniaが全てのトラックを手掛け、客演陣も彼と近しい面々のみ。クレジット上の派手さでは前作に軍配が挙がるかもしれないが、CAMPANELLAのMCとしての成熟した姿や、プロデューサーを固定させたことによって生まれたムードの統一感やディープさは、「VIVID」とはまったく異なる魅力に満ちている。
 
 
■「PEASTA」を完成させての、今の心境は?
「やっと落ち着きましたね。2014年に『VIVID』を出した直後に今のレーベルから話をもらってから、1年半ぐらいかかっちゃって。自分の問題も半分ありますし、今回は近しい人間としか制作してないので、その人たちとのペースが合わなかったというのも半分、ですかね。トラック・メイカーたちには彼らのペースに任せていたので。だから、焦ってた時期もあれば、のんびり待ってた時期もあった感じです。モティヴェーションは常にありましたけど、まあ、生きてれば個人的にもいろんなことがありますしね」
 
■前作「VIVID」をリリースして以降の流れを振り返ると?あのアルバムで、確実にCAMPANELLA君の名前が全国区になったと思うけど。
「(『VIVID』の頃は)若かったな、って感じです。そんな若い年齢ではないと思うんですけど(笑)。『幼い』とか『青い』とか、そういうことではなくて、『若い』と思うし、今だったらちょっと出来ないアルバムだと思います。勢いもあったと思うし、華やかさやそういうモノが、今とはちょっと違う感じですね。あのアルバムを出したことで知ってくれた人も多くなったし、ライヴの数も増えて……どうだろう、そのぐらいですかね(笑)。生活が思い切り変わったわけではないし。『PEASTA』はもうちょっと早く出したかったですけど、今こうして完成させてみたら、このタイミングがベストだったんじゃないかな、って思えますね。作品的に、自分の中で満足しているし、コレが1年前に完成してたとしたら、今のこのクオリティはまだ出せていなかったと思う。これと言って何かがあったから、ってワケじゃないんですけど、きっとそうだと思うんです」
 

 
■“outro”は、昨年10月のP-VINE 40周年イヴェントでも演ってたよね。
「そうですね。あの曲は、去年Bandcampで公開してたんです。今作は、結構この曲に引っ張られた部分もあったのかな、って思うんですよ。あの曲以降の自分のラップに、少し変化が生まれた気がする。本当は今作に入れないでおこうかな、って思ったんですけど、アウトロ扱いにして収録しました」
 
■確かに、この曲がラストにあると、アルバム全体の流れも腑に落ちるというか、最後になって全体を通してCAMPANELLA君が言いたいことが分かるようになっている。
「そうですね。結構、俺のラップを以前から聴いてくれていた人から、新しい曲を聴いたりライヴを観たりする中で、『リリックが変わったね』って言われることがあるんです。だから、きっとこの曲から自分の中の何かが変わったんでしょうね。多分、言葉遊びの遊び方が変わったぐらいだとは思うんですけど」
 
■アルバム・タイトル「PEASTA」は、どういう意味?
「“ピエスタ”って読むんですけど、地元にある商業施設がその名前なんです。俺の地元は桃花台って言うんですけど — と言っても正式な地名ではないんですけど — 桃=peachとフェスタを合わせた造語みたいです。そこに昔、結構溜まってたんですよね」
 
■今作に収録されている“PEASTA”でも、そこに溜まっていた時代についてのリリックがあるよね。桃花台は、具体的にはどんな場所?
「名古屋の隣に小牧市ってところがあるんですけど、その中でも春日井っていう街寄りのところですね。ベッド・タウンって言うんですかね?名古屋に通う人たちのために出来た住宅街、みたいな。平均ぐらいの生活が出来ている人たちばかりのところですね。名古屋に住んでいる時期もありましたけど、基本的にそこがずっと地元です。今作に参加しているRAMZAやFree Babyroniaも、元々はみんな桃花台が地元なんです。彼らとは中3ぐらいからの付き合いです。最初は、この3人でラップをやってたんですよね」
 
■そうなんだね。そう考えると、このアルバムは文字通り「PEASTA」産のラップ作品なんだ。
「そうなんですよ(笑)」
 
■かと言って、今作は別に地元を強くレップしている内容でもないよね。
「地元に誇れるモノもそんなにないし、元々、『俺の地元、ヤバイぞ』みたいなことを言ってきたタイプではないですからね。何もない街なんですよね。小牧はブラジル人が多いんですけど、特徴はそれぐらいで」
 
■地元の仲間だけで一枚作り上げようという意識はあった?
「『VIVID』が、いろんなところにライヴに行かせてもらったときに出会った人たちや、仲良くなった人たちに参加してもらったから、『広い』感じだったと思うんですよね。だから、今作ではもうちょっと自分に近い距離の人たちで、自分のことを理解してくれてる人たちに参加してもらいたかった。かと言って、近いってだけでやってもらったワケでもなく、誘ったラッパーでもビート・メイカーでも、カッコ良くて今普通に一緒に演りたかった人たち。だから、今作の制作時には他に一緒に演りたい人がそんなにいなかったんです」
 
 

To Page topTo Page top