INTERVIEW:

ANARCHY

■“NO FEAR feat. JONNY & YDIZZY”はハード目な曲だし、“BLACK MARIA”もラヴ・ソングとは言え、護送車が登場したりするよね。こういう曲は「NEW YANKEE」ではなかったタイプだし、メジャーでやるというのは勇気がいることだと思うんだけど。
「敢えてメジャーでそういう曲をやりたくて。映画にもコメディやマフィア物みたいにいろんなカテゴリーがあるように、音楽も全て“表現”やと思うし、こういう音楽も表に出ていいと思うんです。こういうことをやるのは間違っていないと思うし、『コレ、メジャーでやるの?』って今の風潮的に思わされてるだけで、こういう曲がメジャーで出て行かないと、本当にリアルな街のこととかが世に出ない。だから、こういう曲を敢えて入れることも重要だな、って俺は思ってます。そこは、『NEW YANKEE』では少し避けてた部分はあったかもしれないです」
 
■初期の作品でも、自身のライフ・ストーリーを語る上でそういったサブジェクトが出て来たことはあったけど、ストーリー物などでここまでハッキリそういうトピックが出て来たことは、実はあまりなかったと思う。
「あー、そうかもしれないですね。『NEW YANKEE』を出してみて、あのアルバムも成功だったと思ってるけど、一方で『もっと出来るな』って思った部分もある。『もっと攻めたい』って気持ちは、今回のアルバムの方が強いと思います。いつもインタビューで言ってますけど、『ニュー・アルバムではこれまでやってなかったことをやりたい』というのが常にあるんですけど、今作に関してはそういった部分やったのかもしれないです。隠したり、比喩でぼやかしてた部分を、ドーンとぶっちゃけるというか。そういう生々しさもHIP HOPにとって大事な部分やし、俺らラッパーはHIP HOPでしか出来ひんことをやりたいじゃないですか。こういうことこそが『HIP HOPでしか出来ない部分』だと思うんです。歌謡曲ではなかなか歌えないですよね。でも、そういうトピックで歌っていたとしても、仮に警察に捕まってなくても伝わる部分があると思うし、マフィアだけがマフィア映画を観るワケじゃないじゃないですか。そういう感覚で、リスナーにも楽しんでほしいですね」
 
■「リミッターを外す」というのが、今作で挑戦したかった部分なのかもね。
「うん、それが『伝えたいことをちゃんと歌いたい』という部分に繋がるのかな、って。今までラップ/言葉数を増やしてボカしてたモノに、もっとピントを合わせた結果、こういう内容になったというか」

■「NEW YANKEE」が楽しさ重視のアッパーなテンションがメインだったとすると、今作は原点を忘れないという意識が見える一方、変化を重ねながらラージなるという野心も垣間見える。大袈裟に言うと、改めて提示されたANARCHY君の“マニフェスト”みたいなモノが全編を貫いていると感じたんだ。
「1stアルバムを出したのって10年ぐらい前ですけど、『NEW YANKEE』以降しか知らないファンもたくさんいると思うし、そういう人たちに自分のルーツを見せたかった。自分がそういうところから階段を上がってきたのは自負しているからこそ、ラッパーとしての“過程”も見せたかったんです。『そういうこともHIP HOPだよ』っていうことを分かってもらえたら、もっとHIP HOPの聴き方の深みも増すと思うし、今の若いラッパーたちにとっても『ラッパーの歩み方』を伝えることが出来るかもしれない」
 
■自分の野望や成功への渇望がストレートに表現されている一方、自分の仲間や、ある意味仲間である自分のリスナーに向けて、一方通行に自分の野望を伝えるんじゃなくて、彼らと共有したいっていう想いも感じて。「自分が思ってることはお前らも同じ思いだろうから、俺がお前たちも連れて行く」みたいな。その部分が、今作がANARCHY君のエゴ全開のアルバムに陥っていない重要な要素だと思う。
「みんなの気持ちを代弁するのがラッパーやと思う。例えば『Fuck the police』って言葉ひとつ取っても、簡単に言うと駐禁切られただけでもみんなそう思うワケやないですか。だから、『みんなの気持ちを代弁したい』という意識はありましたね」
 
■今、自分が背負っている“責任感”は何だと思う?
「俺らラッパーは、夢を持ってるワケじゃないですか。夢を持っている時点で“責任”があると思うんです。夢を諦めた人たちもいるし、夢を応援してくれる人もいる。そういう人がいるから、俺が振り返ることは出来ひんし、俺にとっての“責任”は夢を追うために闘い続けることやと思ってるんです。今、俺が辞めたら全てが水の泡じゃないですか。俺自身の夢も、応援してくれた人や仲間の想いも。みんなからしたら俺は自由に見えるかもしれないけど、そういう意味で、夢を追う者としての責任があると思ってます」
 
■自分が提示した夢や目標がある以上、それを達成するまで動き続けることこそが、自分の“責任”だと考えている、と。
「その代わり、そのことしか考えへんし、大体のことをほったらかしにしてでも俺は真っ直ぐ歩くだけ。みんなからしたら『好きなことだけやって自由にやってるヤツ』に見えるかもしれないし、実際そうなんですけど(笑)、それが俺の“責任”なんです」
 
■“ヒトヒトリフタリ”では、そのような責任を背負った存在であるラッパーが、人々にとってどんなヒーローであるべきかが歌われているよね。
「ラッパーって、人々のためのリーダーであり代弁者であるべきだと思ってて、俺もそうありたいと常に思ってるんです。マンガの世界のヒーローは、正義の存在として最後まで通すキャラクターが多い一方、現実世界のヒーローは、人の屍の上を歩いてでも成り上がってスターになっていくような存在だと思ってたんですけど、それだけじゃないな、と最近は思ってて。逆に、人が自分の上を歩いていったり、人のためになったりするような人こそが、本物のヒーローだと今は思ってるんです。以前は、『みんなを踏み潰してでも俺が上がっていく』と思ってたけど、それだけがヒーローじゃないし、みんなの気持ちをちゃんと歌えるラッパーになりたい、という感情が生まれてきて、この曲を書いたんです」
 
■アルバム自体もそうだし、映像作品まで作ったということは、相当な力作になったと思うけど、作り上げての手応えは?
「俺、今まで完璧だと感じたアルバムを作れたことがないんですよ。みんな好きなアルバムだけど。だけど、今作は『完璧かも』って思ってます。そんな感覚を持ったことは今までない。自分が今、やりたいことが出来てると思うし、それだけ自分の表現力が上がったってことだと思う。自分の表現力に加え、CHAKIの力やスタッフ、映像監督の力も入ったことで、初めて『完璧!』って言えるアルバムが出来た。言いたいことが言えたっていうのもあるけど、単純に、全曲気に入ってるんです」
 
■新作が完成した現時点でANARCHY君が持っている野望や目標を具体的に言うと?
「このアルバムを2億枚売ることじゃないですかね……」
 
■完全にマイケル・ジャクソン超えですね。数字は具体的だけど……(笑)。
「(笑)『NEW YANKEE』ワンマンのときに大口叩きましたけど、武道館公演を早くやりたいですね。言っちゃったからにはやらないと、ね。そのための道を、これからは駆け上がりたい。今作を作ったことで見えた次作のイメージもあるし、それを作ってまた階段を上がらないとな、って」
 
■その目標に辿り着くためには、更にラージにならないといけないということだけど、そのために成長しないといけないとANARCHY君が感じてる部分は?
「俺の夢は、俺だけだと達成できないことなんですよ。HIP HOP自体をそこまで連れて行くのが俺の夢なんです。自分だけが楽しくなっても楽しくないじゃないですか。俺が語ることなんていつも“夢物語”ですけど、みんな連れて行きたい。実際に俺が連れて行くワケじゃなくても、みんなが自分の役割を果たそうとしてるから、その人たちと一緒に上がっていきたい。ラッパーはみんな同志ですよ。ラッパー間だけで戦っている時代なんてとっくに終わったと思うし、HIP HOPシーンごとメインストリームに突っ込めるぐらいの才能は揃ってると思う。あとは、みんなにその自覚とチャンスがあれば、もっと化けるラッパーが増える。それを切り拓けるような存在に俺がなるためには、今のままでは無理やし、それをみんなが協力してくれるようなラッパーに、俺はなりたい。だからこそ、先輩から若い子まで、みんな大事やし、そういう人たちみんなから待ち望まれた武道館公演にすることが、俺の夢です。みんなを乗っけていきたいし、みんなに喜んでほしい。そこまで道が切り拓ければ、もっとHIP HOPも盛り上がってる筈ですよね」
 
 
TOUR INFO
ANARCHY “BLKFLG TOUR”

大阪公演
日時:9月9日(金)18:30開場/19:30開演
場所:大阪CLUB QUATTRO
料金:前売り 4,000円(ドリンク代別)
(問)夢番地:06-6341-3525
 
名古屋公演
日時:9月22日(木・祝日)18:00開場/19:00開演
場所:名古屋CLUB QUATTRO
料金:前売り 4,000円(ドリンク代別)
(問)サンデーフォーク:052-3200-9100
 
東京公演
日時:9月24日(土)18:00開場/19:00開演
場所:赤坂BLITZ
料金:前売り 5,000円(ドリンク代別)
(問)ソーゴー東京:03-3405-9999
 
アルバム封入先行予約(先着)
7月6日 12:00〜7月26日 23:00
 
各プレイガイド先行予約
7月30日(先着)
 
一般発売
8月13日 10:00〜
 
 

To Page topTo Page top