INTERVIEW:

ANARCHY

■ANARCHY君の活動のスケールが大きくなるにつれて、ヘイトや妬みも増えてきたと思うし、“SO WHAT?”のような曲は、そういった状況に対するANARCHY流の回答になっているね。
「『ANARCHYは変わった』みたいに思われてるやろうな、という気はしてます。実際、変わってきた部分もあるから、傍から見れば余計そう感じるのかな、って。例えば、デビュー・シングルの“GROWTH”と『NEW YANKEE』に入っていた“SHAKE DAT ASS”を並べたら、全然違うじゃないですか(笑)。それぐらいの差はあるし、『そりゃ違うやろ』って。でも、俺が活動初期に表現したかったことと、今表現したいことは違うし、その表現の幅は俺の中でどんどん広がってきている。だから、昔と比べるのはナンセンスですね。そういう人たちが言ってることも理解は出来るけど、昔やっていたことの焼き直しは、今の自分がしたいことじゃないし、俺はそのとき作りたい音楽を素直に作りたい。その部分においては、昔のANARCHYを期待しているタイプのファン/リスナーの気持ちと同じにはなりたくないんですよね。みんなに向けて、当たり障りのない、今まで通りのモノを作り続けるのって、クソつまらなくないですか?」
 
■まあ、曲にしちゃった時点で、曲単位でのストーリーは基本的に歌いきっちゃってるワケだもんね。
「自分の活動初期のような曲は、今、あのときの自分みたいな状況の子に作ってもらいたいし、俺はそういう子を応援したい。俺は、常に『そのときの自分』を歌い続けたいんです」
 
■サウンド面においては「NEW YANKEE」以降の流れかもしれないけど、ラップしている内容は若返っているというか、それこそ1st「ROB THE WORLD」の頃を彷彿とさせる部分も感じて。もちろん、当時と今とでは見えている景色は違うと思うけど、若い頃持っていた勢いや情熱が、今のANARCHYだとどうなっているのか?という面も垣間見えて。
「その意識は自分の中でもありましたね。『ROB THE WORLD』超えしたいというか、あのときぐらいのパワーのモノを、今の自分で作りたかった。そういう意味では原点回帰的な面はあるかもしれないし、マインドは近いかもしれないです。それはやっぱり、周りの人たちからの意見を訊いて改めて思ったことかもしれないです。『色々チャレンジして闘い続ける姿勢こそがANARCHYだろ』って、近い友達も言ってくれる。そういう言葉ってありがたいじゃないですか。自分の中でも『ああ、そうやな』って思ったし、そういう部分が今作で表現できてると思ってもらえたら、一番嬉しいかも」
 
■そういった部分って、キャリアを重ねるにつれて徐々に忘れていた部分だったりする?
「そうかもしれないですね。自分のことを分析したり振り返ったりすることって、あまりないから、そういうこと自体考えたことがなかったんですよね」
 
■「NEW YANKEE」は、基本的に「楽しい」推しだったというか、「今が楽しい」という感じが強くて、それはANARCHY君自身が掴んできたモノだし、ANARCHY君の情熱があったからこそ辿り着いた境地だと思うんだけど、享楽的な要素が強かったよね。一方、今作は骨太なメッセージが強い。そういう意味では、「最近のANARCHYは変わった」という人への回答にもなっているよね。
「『確かに変わっているやろうな』とは思っていたけど、『だけど、今もこうだよ』っていう部分は歌えてると思いますね」
 
■“SO WHAT?”で「自分の古いアルバムをもう一度聞き直してみたんやん」ってラップしているけど、普段、自分の曲を聴き返すことってあまりないの?
「ないですね。自分の曲を聴き込むのは、出来上がって発売されるまで、です。今回の制作中に、スタッフからの勧めもあって『ROB THE WORLD』を聴き返したんです。単純に、カッコ良いと思った。自分で言うのも恥ずかしいですけど(笑)、『コレ、25歳ぐらいに作ったのかー。こんなラッパーがいたらイケてるよなー』って、客観視して聴きましたね。20代の若いラッパーのデビュー作を聴いてみてる感覚。でも、以前だとそういう感想は持てなかったと思います。常に、過去に作った作品は全然やと思って次のアルバムを作ってきたので。リリース時以外のタイミングで、自分の過去の作品がカッコ良いと思えたのは、初めてです」
 
■「ROB THE WORLD」のどんな部分に、今のANARCHY君は心を動かされた?
「そのときの感情や想いをちゃんと詰め込んでるな、って思えました。今作が、今の自分を詰め込んでいるのと同じように、あのときの自分にしか言えないことをちゃんと詰め込めてる。しかも、当時はアルバムの作り方とか何も分かってない状態で作ってたワケじゃないですか。それなのに、自然とそのときの状況を真空パックして作品にしてたんやって、感慨深いモノがありましたね」
 

■“チェインギャング”は、初期のANARCHYに大きな影響を与えたであろうTHE BLUE HEARTSのカヴァー、というかANARCHY流リメイクといった趣だね。
「THE BLUE HEARTSは青春です。HIP HOPに出会う前はロックをやると思ってましたし。“チェインギャング”は、10代の頃からずっと好きな曲で、自分の曲やと思ってるぐらい思い入れのある曲なんです」
 
■曲にまつわる思い出はある?
「15〜6歳の頃、長野に行くことがあったんですけど、長野の駅前で雪の中、ひとりギター弾いてるお兄ちゃんがいたんですよ。で、そのとき弾いていたのが“チェインギャング”だった。当時はこの曲のことは知らなかったから、そのお兄ちゃんに『誰の曲ですか?』って聴いたら教えてくれて。で、『もう一回聴かせて下さい!』ってお願いして、体育座りしながら聴かせてもらった。そこから大好きな曲になったから、家に帰って速攻で曲名のタトゥーを入れましたね」
 
■タトゥーを入れるぐらい、思い入れが強い曲なんだね。
「そのエピソードをレーベルのスタッフも知っていたから、カヴァーの許諾を取ってきてくれて。大好きな曲やし、コレをどうアレンジして作ればいいんだろう?って最初は悩みましたね。悪い曲にするのもイヤやし、そのまま歌ってもオリジナル曲より良い曲にはならない。現行のカッコ良いHIP HOPにあの曲を載せるのは結構難しいな、って思ったから、試行錯誤しながら作りました。でも、やっぱり敢えて原曲のイメージをぶっ壊して、ただのカヴァーとして歌うんじゃなくて自分のモノにしたいな、と思いましたね」
 
 

To Page topTo Page top