COLUMN:

“REFLECTING 2018” feat. SEX山口


 
「リリックとラップでとにかくヤバかった、刺さったと感じたのは仙人掌『BOY MEETS WORLD』。往年のHIP HOP感だったりループが基調になったビートからも、ラップを立たせることに注力する意思みたいなモノを感じて。フロウやラップ・スキルももちろんなんですけど、言葉の強弱や言い方、話の展開、言い切らないでリスナーに委ねる部分だったりっていう『ラップの運び方』がとにかく上手かった。最初はサブスクで聴いてたんだけど、この作品をライナーではどう表現してるのかが気になって、CDでも買いましたね。そういう作品だったと思います」
 

 
「NORIKIYO君の『馬鹿と鋏と』は、今のHIP HOP業界に対して彼がどう思ってるか、自分はどういう立ち位置にいるのかって部分を、ここまでハッキリ言うんだっていう驚きを感じました。それは僕も思ってることだったりもしたんで、それを代弁してくれる部分があったし、共感するという部分では、今年一番強い作品だったと思う。特に般若くんとの“Grinding Grinding”はすごくグッと来ました。ラップ力という部分でも、マンブル・ラップみたいなことも出来ちゃうし、ラップのデリヴァリーだったりスキルはしっかりと今の流れの上にあって。だから、すごくラップ・アルバム然としたアルバムだったと思いますね」
 

 
「昔からHIDENKAさんはリスナーとして大好きだったし、MANTISも気になるトラック・メイカーで。そのふたりが組んだアルバムだったから、そもそも興味深かったんですが、結果、すごく相性が良かった。このアルバムでは、HIDENKAさんは自分のソロだとあまり選ばないようなフロア対応のトラックに載ってたり、オールド・スクールなサンプリングを使ったトラックもあったり。だから、今までになかったバランスだと思うんだけど、それがパッケージされたらすごくまとまりが良くて。それはお互いのHIP HOP感だったり、カッコ良いと思うポイントが似てたのかな?って」
 

 
「万寿の「KAZANE」は、彼の地元である横須賀感と言うか、海辺と言うか、LA感みたいな部分がよく出てますよね。彼はこのアルバムで地元を強くレップしようとは思ってなかったかもしれないけど、横須賀とか三浦半島で聴くと、本当にフィットするんですよ。そこら辺の人と話すと、このアルバムの評価がすごく高いし、彼が地元でプロップが高い理由も頷ける、ローカルを強く感じさせるアルバムでしたね」
 

 
「『今のHIPHOP』っていう切り口だと、Gottzの「SOUTH PARK」が浮かびましたね。Gottzのラップももちろんなんですが、“Neon Step – Gottz, Yo-Sea & Neetz”からYo-Seaを知ったり、“Move! feat. Hideyoshi”からHideyoshiを知ったりって、今のいろんな方向に広がる作品だと思うし、内容的にも広がりを感じさせる作品でしたね。あと、オシャレですよね、とにかく。東京のオシャレ」
 

 
「次点が多くて申し訳ないんですけど、DABOさんの『NANA EP』は良い作品でしたね。特に“プレミアム・フライデー”は大好き。DABOさんが紆余曲折の末にこういう作品に辿り着いたのは、本当に最高でしかないよね、ってサイプレス上野君とも話しましたね。みんな笑顔になる作品だったと思います」
 

 
「STUTSも参加してる星野源の“Pop Virus”は、思わずHIP HOPリストに入れてしまうような作品でしたね」
 

 
「BASIの“愛のままに feat. 唾奇”は、イケメンなふたりが惹かれあったエモい名曲で、とにかくセクシー。2年前の座談会でDJ NOBUさんが『唾奇は時代を変える』って言ってたけど、それは本当に慧眼だったな、と」
 
「Chelmicoは『ラップを自分でする』ってことに、他人行儀じゃないんですよね。ちゃんと咀嚼して自分たちのモノにしてるし、ラップに対してスゴく真摯でストレート。キャラの立ち方も含めて、頭一つ抜けてると思うし、ポップとしての強さを感じますね。
で、今年一番死んだ曲はサ上とロ吉の“ザ・グレートカブキ”ですね。もうとにかくスゲー!って、それだけ(笑)」
 
 
「シーンが広がった故に、『ラップとHIP HOPは違う』みたいな議論が今年も生まれてたけど、個人的には、もうそういう議論は不毛だなー、って。それよりも『良い作品』『良い動き』が単純に見たい。ただ、HIP HOPを大事にするっていうのは重要だと思うんですよね。僕もB.LEAGUEチーム:川崎ブレイブサンダースの試合でDJを担当させてもらっていて、そこでBAD HOPをかけたりすると普通にお客さんが湧くんです。それだけ一般化したり拡散したからこそ、よりHIP HOPを大事にしたいっていう気持ちはありますね。どんな現場でもNormcore Boyzや仙人掌はかけたいと思うし、臆せずにプレイしたい。だけど、大事にかけていかないと誤解やそれっぽさだけを刈り取られてしまいそうだとも思うから、ちゃんと『カッコ良いモノ』として提示したい。1曲1曲、本気ですよ。来年もそう出来ればと思ってますね」
 
 
SEX山口INFO
Twitter:https://twitter.com/sexyamaguchi
 
Instagram:http://instagram.com/sexyamaguchi/
 
 

To Page topTo Page top