COLUMN:

『ラップスタア誕生!』座談会 feat. RYUZO/Kダブシャイン/伊藤雄介(Amebreak)

rapstar_6_daia

DAIA

 
■その他に記憶に残っているラッパーはいますか?
RYUZO「みんな記憶に残ってるんだけど、ラッパーで言えばDAIA/WILYWNKA/MC小法師/LEON、決勝には残れなかったけど游久あたりは思い入れがあるな。彼らのことはこれからも見守っていきたいし、『俺が出来ることがあるなら』と思わせてくれるラッパーたちですね。あと、NO-ELは人間が好き(笑)」

Kダブシャイン「俺は、やっぱりNATURAL Pかな。シーズン2の『ラップスタアキャンプ』は、ホントに人生を感じるドキュメントだったと思う」

RYUZO「(母親が亡くなった後に)『HIP HOPはいつでも横にいてくれる』って彼は言ったけど、それが嘘じゃないと思わされたっすね」

伊藤「『HIP HOPに救われた』って、みんなよく言うことなだけにクリシェに感じてしまう部分もあるけど、彼の場合は『本当にそうだよな』ってことを、動きで実際に見せてくれましたよね」

Kダブシャイン「だから、この番組はHIP HOPの持つ“救い”と“心”の部分に光を当てられてると思うんだ」
 
rapstar_7_lito

LIT0

 
伊藤「HIP HOPが、そのラッパーの人生や生き方にどのように影響を与えてるのかを見せてくれますよね。僕は小法師とLIT0を挙げたい。小法師は、僕もSEEDAと同様、最初はあまり評価が高くなかったんだけど、ステージを勝ち進むにつれてどんどん引き込まれていきました。LIT0は、『ラップスタアキャンプ』でも遅刻してきて空気を悪くしたり不遜な態度を出してたりとか、どっちかと言うとヒール側だったと思うんですよ。で、ファイナル・ステージのライヴでは歌詞が飛んでしまって……」

Kダブシャイン「それに対して『アキラメンナ!』って自分で自分を鼓舞するように言ってるシーンは……」

RYUZO「あれはもう、めっちゃヤバすぎた!」

Kダブシャイン「お父さん涙出ちゃうよ(笑)」

伊藤「映画ですよ、最早。『8マイル』の序盤のようなモン(笑)。彼がまたエントリーしてくれるかは分からないけど、もし今後のシーズンで優勝したりしたら、こんなにHIP HOP的な美しいドラマはない。実際に逆境が映し出されて、そこから巻き返す過程までドキュメントされるわけだし、ヘイターは一気にファンに手の平返ししますよ。彼はファイナル・ステージに残った人の中では最年少だったし、今後に期待したいですね」

RYUZO「あと、こっちゃんはCHIYOCO(1stシーズンに登場した女性ラッパー)を仕事で起用したんでしょ?」

Kダブシャイン『家事ラップ』の動画にね。会議で名前を出して映像を見せたら『面白いじゃないですか!』ってなって即採用、っていう。そういうキッカケにもなる番組だと思う」
 
 
■彼女はバックグラウンドも含めて、『家事ラップ』にはピッタリですよね。
Kダブシャイン「でしょ」

RYUZO「いろんなメディアが『新しい才能を探してる』って言うけど、おるから!この番組を観れば分かるから!」

Kダブシャイン「実際、レーベルや事務所の青田買いも始まってるみたいだしね」

伊藤「ファイナル・ステージには、レコード会社/マネージメント関係者の裏方の人たちも多く観覧に来てくれてますしね」
 
 
■また、この番組で課題曲用のビートを提供している面子も非常に豪華ですね。
Kダブシャイン「トラック・メイカーも凄いよね。そこに釣られて参加する人もいるんじゃない?」

伊藤「絶対いるでしょ。みんな、今のシーンを代表するプロデューサーたちだし、単純にそういったイケてるトラックにラップを載せてみたい!ってラッパーなら思いますよね」
 
rapstar_8_producer

現在エントリー募集中のシーズン3には、DJ MITSU THE BEATS/CHIVA (BUZZER BEATS)/Gradis Nice/JJJ/ZOT on the WAVEがトラックを提供している(公式サイトにてトラック試聴可能)

 
■王道のサウンドから先端を感じるトラックまで、非常に幅広いですが、その構成については?
RYUZO「番組として、『HIP HOPの王道の感覚』と『今の時代にあった空気感』を共存させたいんですよね。だから、トラック・メイカーも王道から先端まで幅広く提示したかった」

伊藤「例えば、1stシーズンだと予想以上に多くのラッパーがラップを載せてきたのはKM氏のトラックなんですよね。オーセンティックでドラマチックな構成のトラックの方が、“自己紹介”という課題的にみんな作りやすいのかな?と思ってたんだけど、必ずしもそうではなかったのは興味深くて。それはもちろん、世代によってトラックの趣味や『ラップの載せやすさ』が変わってくるからだと思うんだけど」

RYUZO「エントリーMCたちは、トラックをチョイスする際のセンスも問われるよね。それはトラックの優劣の話じゃなくて、そのラッパーに合ったトラックを選べるかどうか、という」

Kダブシャイン「シーズン1でトラックを提供してくれたパブさん(DJ PMX)も『あの番組、最高だよ』って言ってて。トラック・メイカーにとっても新しいラッパーと出会うキッカケになってると思うんだよね」

伊藤「実際、PMXさんは今、DAIAの次作のプロデュースに関わっているようですね」

RYUZO「トラック・メイカーの名前を前面に出してるのは、彼らを裏方扱いにはしたくなかったし、日本のトラック・メイカーもヤバイってことをちゃんと表現したかったからなんよね」
 

To Page topTo Page top