COLUMN:

2015年国産HIP HOP振り返り座談会(後編)

談:DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!/Mr. BEATS a.k.a. DJ CELORY/SEX山口/MC正社員(戦極MC BATTLE)/高木“JET”晋一郎/伊藤雄介(Amebreak)
 
 
【前編はコチラ

 

【座談会参加者個人チャート】

 
伊藤雄介(Amebreak)2015 TOP 10
01.「DIRT」/KOHH
02.“お嫁においで2015 feat. PUNPEE”/加山雄三
03.「Think Good」/OMSB
・「IN THE NAME OF HIPHOP」/tha BOSS
・“時間ヨ止マレ feat. MURO & PUSHIM”/東京弐拾伍時
・「Conq.u.er」/KID FRESINO
・「夢から覚め。」/5lack
・「PAReDE」/MASS-HOLE
・『P-VINE 40th ANNIVERSARY THE SEXORCIST x NEW DECADE x REFUGEE MARKET』(10月23日@代官山UNIT)
・ D.L死去
(※上位3位以外は順不同)

伊藤「すごく大雑把な括りですが、『東京の北側』が地元だったり拠点にしている人たちの活躍が凄かったな、と。まあ、この傾向はここ数年変わらないと言えば変わらないんだけど。KOHHやY’sは北区・王子、5LACKとPUNPEEの高田兄弟は板橋区出身だし、池袋bedから出て来たり今でも活動の中心にしてしてる人たちも多い……って考えると、東京の北側の人たちが、別々のアプローチなんだけど、面白いことをやってるなって。池袋bedを拠点に始まった『THE SEXORCIST』『NEW DECADE』『REFUGEE MARKET』という三つの重要パーティが結集したP-VINEの40周年イヴェントに集った豪華な面々がそれを証明してるな、って。あと、5LACKがやってるパーティ『WEEKEN’』は今年足を運んだ現場の中でベスト・パーティでしたね。現場の話の流れで言うと、『SUMMER BOMB』やAmebreak/CASTLE RECORDS共催の『THE COMING』でのライヴを観てて感じたのは、若いお客さんの“ノリ方”が3〜4年前のそれと変わってきたことで。実際にDJだったりイヴェント運営する上で感じていたことですが、2000年代中盤ぐらいから、クラブ・プレイもライヴもお客のテンションがドライな情況が多かったと思うんですね。だけど、SNS上では来てたお客さんが『楽しかった!』っていうコメントを残してたりするから、イヴェント内容が悪かったわけではない。『会場で盛り上がる=楽しい』っていう感じじゃなくて『自分が楽しければいい』っていう、個人主義的な考えがダウナーな客層を産んだというか」

SEX山口「『現場を共有する』っていう感じは弱かったかもしれないですね」

伊藤「だけど、ここ最近のKOHHやZORN、ANARCHY辺りのライヴを見ると、お客さんの盛り上がり方が確実に変わってきてる気がして。その盛り上がり方も、かつての首を縦に振ったり“プチョヘンザ”的なノリじゃなくて、“ターン・アップ”的な近年のノリ方に変化している。もちろん、盛り上がり方はHIP HOPのトレンドで変化するモノだけど、ちょっと前のお客さんだったらこんな素直に盛り上がってたかな?って思ったんです。だから、『現場で盛り上がることが楽しい』って思う10代〜20代前半の若い人たちが増えたんだと思う」

DJ NOBU「今年はデイ・イヴェントが定着したよね。以前はHIP HOPのデイ・イヴェントは集客が難しかったけど、今はお客さんも入るようになって。しかも、大型のイヴェントだけじゃなくて、VUENOSクラスのデイ・イヴェントでもちゃんと回ってるし」

正社員「『戦極MC BATTLE』含め、MCバトルの多くはデイですからね」

伊藤「デイ・イヴェントというか、フェスですけど、RHYMESTER主催の『人間交差点』もありましたしね」

SEX山口「自由が丘のお祭りで『Erection』というパーティをやったら普通に盛り上がったし。昼間に盛り上がるのは良い傾向かなって」

伊藤「そういう意味でも、僕は“現場”に希望が持てた一年でしたね」
 
 
 
DJ CELORY a.k.a. Mr. BEATS 2015年TOP 10
・『D.L presents HUSTLERS CONVENTION』(6月25日@渋谷VISION)
・“Special Radio feat. IO”/KID FRESINO
・「TOKYO 25:00」/東京弐拾伍時
・『フリースタイルダンジョン』
・「IN THE NAME OF HIPHOP」/tha BOSS
・「拓く人」/LIBRO
・「栞」/WATT a.k.a. ヨッテルブッテル
・「滲まない / edge vol.1」/KM
・「The Corner」/BudaMunk
・“お嫁においで2015 feat. PUNPEE”/加山雄三
(順不同)

DJ CELORY「KMのフリーDLアルバム『滲まない / edge vol.1 』は、トラップだったり先進的なビートを形にしてるけど、もう少しHIP HOP寄りで、アンダーグラウンド感もあり、彼ならではな新しい切り口を形にしてるなって。収録曲のBULL“One Night Vacation”では、SOUL SCREAMの“ひと夜のバカンス”をトラップにしてたり」

高木「“1986”はSUIKEN“Double TROUBLE”を下敷きにしてますね」

DJ CELORY「『Bon Voyage』(DJ CELORYがレジデントDJを務めるパーティ)に来てたりしてた奴だったから、自分の位置を見つけたかなって、ちょっと嬉しかったね。そういう先進のビートと同時に、オーセンティックなビートも新しい形で受け入れられてるよね。先日SADAT Xが来日したとき、現場に観に行ったんだけど、お客さんが20代前半なことに驚いて。しかも、プレイされてた曲も、例えばPETE ROCK & CL SMOOTH“THEY REMINISCE OVER YOU (T.R.O.Y.)” みたいな王道じゃなくて、『この曲、SHOWBIZ & AGのアルバムに入ってた……なんだっけ?』みたいな、そういう曲がガンガンかかるんだ。そういう、ひたすらアンダーグラウンドな雰囲気だから、客は9割9分が男で、女の子なんて全然いないんだけど(笑)」

SEX山口「分かります。ここ数年は関西でDJをやったときもそういう感じを結構受けましたね。BLACK SMOKERから出た5LACKのミックスCD『8LACK 8ALLADE』もそういう雰囲気があったし」

DJ CELORY「20代前半の子たちの間では、90年代の音楽を新鮮に感じているんだろうし、90sに対して新しい捉え方をするシーンが出来てきてる感じがするんだよね」
 
 

To Page topTo Page top